風鈴捕物帳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

風鈴捕物帳』(ふうりんとりものちょう)は、石森章太郎劇画作品、またそれを映像化した連続テレビ時代劇である。

概要[編集]

  • 江戸で評判の御用聞き、その名も“風の新吉”と、新吉が住む長屋にころがりこんできた服部半蔵を祖父にもつ娘・おりんが力を合わせて事件を解決する(風の新吉の)風・(おりんの)鈴コンビの活躍を描く。

テレビ[編集]

概要[編集]

放映期間[編集]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

  • 風の新吉:西郷輝彦
南町奉行所配下の御用聞き。真面目で女が苦手なため、お千と居候として住み着いたおりんに悩まされている。刀をへし折るほどの長十手と風鈴がついた紐が武器。
八代目服部半蔵の孫。勝手に縁談を進められ、家柄や流儀を嫌って屋敷を飛び出し、新吉の居候になる。忍び装束で陰ながら新吉に協力する。
ひさごの女将。新吉に惚れているため、居候として住み着いたおりんをライバル視している。
服部半蔵配下の忍び。屋敷を飛び出したおりんを連れ戻すところを、新吉に誘拐犯と勘違いされて邪魔される。仕方なく新吉の隣人だった駕籠かきの七と虎を金で立ち退かせ、代わりに駕籠かきの熊と八と名乗って住み着く。忍びのため、俊足なので駕籠に客を乗せて走るとあまりの速さに周囲を唖然とさせる。おりんの命令で新吉に協力する。
南町同心。妻(演:磯村みどり)帯者。妻に頭が上がらない。
長屋の住人。
北町奉行所配下の御用聞き。
北町同心。
番組内のオープニングでは「レッツゴーじゅん」と表記された。
長屋の大家。新吉の父親とは友人。
  • 源次:井上茂(第8話 - 第11話を除く)
万蔵の下っ引き。
  • 伊八:藤村晃一(第1話 - 第4話)→ 紀久輝光(第10話 - 第12話)
ひさごの板前。
南町奉行。
八代目服部半蔵。おりんを屋敷に連れ戻すように熊と八を命令する。
  • 神坂左近:片岡千恵蔵(特別出演 第1話、第2話、第7話、第8話、第12話、第13話)
引退した元南町奉行。「ご隠居」と呼ばれている。

放映リスト[編集]

※出演はクレジットタイトルの表記順。

話数 サブタイトル 放映日 ゲスト出演者
1 (なし) 1978年10月26日 里見浩太朗(筒井伊賀守)、川合伸旺(大野外記)、深江章喜(三富鉄心)、内田昌宏(早坂弥三郎)、レツゴーじゅん(若旦那)、青空球児(駕籠屋寅)、青空好児(駕籠屋七)、中村錦司(大家六兵衛)、北村光生(河内屋主人)、井上茂(源次)、多賀勝笹木俊志、藤村晃一、桑垣浩子、宍戸大全(特技)
2 目撃者は殺せ! 1978年11月2日 神田隆(備前屋太衛門)、宮口二郎(大河原佐十郎)、近藤宏(近藤孫三郎)、永田光男(刀屋の主人)レッツゴーじゅん(若旦那)、中村錦司(大家六兵衛)、井上茂(源次)、志乃原良子(おしげ)、北原将光、疋田泰盛、大矢敬典、秋山勝俊、那須伸太朗、平河正雄、藤村晃一、宮崎晴子、宍戸大全(特技)
3 風小僧の子守唄 1978年11月9日 森次晃嗣(清助)、横森久(兵頭内記)、小林重四郎(出羽屋伝右衛門)、佐藤和男(与力)、中村錦司(六兵衛)、楠年明(庄五郎)、井上茂(下っ引源次)、市川男女之助、多賀勝、記久輝光、下元年世、早見栄子、小野朝美、峰てる子、高谷舜二、小峰隆司、野村鬼笑、田中宗雄、宍戸大全(特技)
4 血染めの贋小判 1978年11月16日 有川博(直七)、本阿弥周子(おけい)、嵯峨善兵(堺屋善右衛門)、長谷川弘(由蔵)、中村錦司(六兵衛)、藤尾純(番頭)、井上茂(下っ引源次)、玉生司朗(清兵衛)、岩尾正隆(駕籠屋)、出水憲司(門脇甚九郎)、有島淳平、大矢敬典、細川純一、福本清三、記久輝光、小坂和之、新田二郎、宍戸大全(特技)
5 友情に命を賭けて 1978年11月23日 田村亮(幸吉)、三浦リカ(おいね)、中田博久(繁造)、永野達雄石出帯刀)、大竹修造(良助)、柳川清(小間物屋)、斉園寺章雄(大工)、井上茂(源次)、藤山喜子、疋田泰盛、森源太郎、五十嵐義弘、木谷邦臣志茂山高也友金敏雄、宍戸大全(特技)
6 鬼蜘蛛の謎 1978年11月30日 井川比佐志(浅吉)、紀比呂子(おその)、今井健二(鬼蜘蛛の重兵衛)、山本一郎(仙造)、日高久(利兵衛)、和田昌也(鋳物屋の主人)、宮城幸生(兵吾)、浪花五郎(船宿の亭主)、桂登志子(内儀)、宍戸大全(特技)、桂三枝(弥七)
7 盗まれた長十手 1978年12月7日 頭師孝雄(房次)、千野弘美(お美代)、山岡徹也(藤兵衛)、高野真二(田沢武右衛門)、内田昌宏(早坂弥三郎)、司祐介(伊之吉)、遠山金次郎、大矢敬典、宮崎晴子、西田治子、宍戸大全(特技)
8 さらば借金地獄 1978年12月14日 村田知栄子(スッポンのお政)、磯村みどり(おゆう)、河原崎建三(小島正一郎)、新海百合子(おいち)、山本昌平(小倉円心)、石浜祐次郎(飯田覚兵衛)、北見唯一(禿頭の金貸し)、寺下貞信(医者)、武田てい子(蝮のおげん)、島田秀雄、壬生新太郎、椿竜二、池田謙治、大河内宏太郎、那須伸太朗、大江光、日高綾子、泉春子、宍戸大全(特技)
9 父娘を結ぶ銀の駒 1978年12月21日 加藤嘉(銀駒の仁平)、菅貫太郎(佃の徳蔵)、岡崎二朗(浜吉)、谷口香(おせい)、雪代敬子(おとき)、水島彩子(お市)、堺左千夫(吉津屋庄助)、岩尾正隆(弥太)、藤山律子(およし)、島村昌子(お仲)、森源太郎、福本清三、峰蘭太郎、宍戸大全(特技)
10 恨みの吹き矢 1979年1月11日 真木洋子(お三輪)、野口元夫(大島屋伝兵衛)、武藤英司(吉野屋藤蔵)、守屋俊志(大島屋番頭)、森下哲夫(佐吉)、国一太郎(相模屋伴助)、紀久輝光(伊八)、田中綾(お菊)、有島淳平、細川純一、奔田陵、星野美恵子、宍戸大全(特技)
11 浮世絵殺人事件 1979年1月18日 長谷川明男(弥助)、浜田寅彦(長崎屋角左衛門)、志賀勝(白浪の佐十郎)、北見治一(喜多川春泉)、上方柳太(侍)、浜伸二(浪人)、小野朝美、春藤真澄、疋田泰盛、宍戸大全(特技)
12 甦った男 1979年1月25日 西郷輝彦(溝口新之丞、二役)、北原義郎(牧野兵庫)、小林勝彦(林田源太夫)、永井秀明(永井図書)、須藤健(相州屋)、海老江寛(福原与左衛門)、武周暢(用人)、井上茂(源次)、植木悦子(美保)、紀久輝光(伊八)、波多野博(瓦版屋)、大月正太郎、矢野義章、西山清孝、志茂山高也、藤沢徹夫、那須伸太朗、富永佳代子、宍戸大全(特技)
13 雨中に消えた直訴状 1979年2月8日 中村竹弥水野出羽守)、平田昭彦(京極右京太夫)、永井智雄(青山修理)、西山辰夫(武州屋善右衛門)、田畑猛雄(森下余太夫)、井上茂(源次)、西田良(甚内)、久永智子(すみ)、千葉敏郎、宮城幸生、和田昌也、峰蘭太郎、五十嵐善弘、白井滋郎、藤沢徹夫、井上清和、尾崎弥枝、宍戸大全(特技)

主題歌[編集]

映像ソフト化[編集]

  • 2008年7月21日発売の「石ノ森章太郎70周年記念DVD-BOX」第1話が収録され、初のソフト化となった。

出演俳優らの関連作品[編集]

  • 西郷輝彦主演の「ナショナル劇場」の『江戸を斬るIV』のIVは奇しくも本作の放送終了の翌週2月12日からであり、そのシリーズから谷幹一の方が岡っ引き役でレギュラーとなり、さらにその後後の同枠でも同様の役をレギュラーとして長く演じた。また、山口いづみ江戸を斬るVにおいて、谷が従う岡っ引き役でレギュラー出演している。
  • 西郷がレギュラー出演した「ナショナル劇場」「大岡越前」第6部第9話には、谷幹一磯村みどりが町人役ながら本作同様夫婦役で出演した。なお、同話には西郷と片岡も出演している。