飛び安里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

飛び安里(とびあさと)とは、18世紀琉球王国で人力オーニソプターを作って飛行したと伝えられる人物。代々花火師であった安里家の三代目・安里周當(しゅうとう)が「飛び安里」であるという説と、四代目の安里周祥(しゅうしょう)が「飛び安里」であるという二つの説がある。本項では両説を併記する。

1999年および2002年には、沖縄で彼のオーニソプターのレプリカが製作された。1999年のものは有人飛行に成功した。[1]

琉球方言における発音は「とぅびあさと」に近い。[2]

安里周當[編集]

安里周當(周当)の飛行機械は、のような機体で、妻が命綱を持ち南風原津嘉山で飛んだという。1825年没。[3]

安里周祥[編集]

出自と経歴[編集]

安里周祥は1768年に首里の鳥小堀村(現・鳥堀町)で、代々花火師であった安里周當の四男として生まれる。のち越来村胡屋に居住。花火師としては1801年に冊封使を歓待するため仕掛け花火を披露し、時の国王(尚温王)から恩賞を受けている。この時の仕掛け花火は「松竹梅」の文字が浮き出るものだったという。[4]

飛行[編集]

安里周祥は泡瀬海岸に面した断崖から飛び立った、または那覇市南東数kmの津嘉山で飛行したとの二説がある。飛行距離などの詳細は不明である。正確な年代は不明とする資料が多いが、斎藤茂太『飛行機とともに』では彼の飛行を1787年としている(これは備前国の表具師・浮田幸吉が飛行したとされる年の二年後である)。そして周祥は「空を飛んで、王の恩賞にあずかった」[5]とされる。

彼のオーニソプターは、弓の弾力性を補助として脚力で羽ばたく仕組みであった。一部に鳥の羽毛が使用されていたとも言われる[6]。安里周祥の書いた設計図は子孫に伝えられたが、経年劣化および火事による焼失で、戦前の時点ですでに全てが失われていた[7]

出典[編集]

  1. ^ 「飛び安里久レプリカ制作/南風原 - 琉球新報 2002年9月27日
  2. ^ 斎藤茂太『飛行機とともに - 羽ばたき機からSSTまで』中公新書、1972年
  3. ^ 同書
  4. ^ 同書
  5. ^ 同書19ページ
  6. ^ 竹内正虎『日本航空発達史』相模書房、1940年
  7. ^ 同上

関連項目[編集]