飛呂子女王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

飛呂子女王(ひろこじょおう、1871年6月9日明治4年旧暦5月2日[1] - 1889年明治22年)11月22日[2])は、明治時代前期の皇族。久邇宮朝彦親王の第四王女で母は家女房泉萬喜子明仁上皇外祖父にあたる久邇宮邦彦王の同母姉[3]

6歳で尼門跡長福寺に入室し修行の日々を送ったが、病を得て18歳で死去。墓所は京都光雲寺の久邇宮墓地。

出典[編集]

  1. ^ 纂輯御系圖』(松成堂、1903年)203頁
  2. ^ 官報 第1924号 1889年11月26日 告示
  3. ^ 小田部雄次『皇族』中央公論新社〈中公新書〉、2011年。ISBN 978-4-12-102011-6。