飛火野耀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

飛火野 耀(とびひの あきら、男性[1])は、日本小説家ライトノベル作家

経歴・人物[編集]

1988年日本ファルコムアクションRPGイース』のノベライズ『イース 失われた王国』でデビュー。1996年の『神様が降りてくる夏』を最後に沈黙した。覆面作家として知られる[2]

デビュー作『イース』の略歴では、尊敬する人物として、トマス・ピンチョン大島弓子カール・テオドア・ドライヤーの名をあげており、趣味として、競馬場での瞑想ルネサンス音楽の鑑賞をあげている[1]。また、『イース』第2巻の略歴では、牡羊座であることを明かし、好きな物としてデューク・エリントンの音楽、ジャン・ルノワールの映画、エスプレッソコーヒーを挙げ、嫌いなものとして、雷、歯科医、甲殻類を挙げている[3]

著作リスト[編集]

ノベライズ・リミックス作品[編集]

オリジナル作品[編集]

  • もうひとつの夏へ 上・下(イラスト:岡崎武士、角川スニーカー文庫、1990年04,07月)
  • UFOと猫とゲームの規則(イラスト:山口マオ、角川スニーカー文庫、1991年10月)
  • 神様が降りてくる夏(メディアワークス、1996年7月)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『イース 失われた王国』角川文庫・1988「著者近影・略歴」より。
  2. ^ 『日本幻想作家事典』東雅夫石堂藍 / 編集、国書刊行会2009年発行 より。
  3. ^ 『イース 2 異界からの挑戦』角川スニーカー文庫・1992「著者近影・略歴」より。