飛燕賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
飛燕賞
開催国 日本の旗 日本
主催者 佐賀県競馬組合
競馬場 佐賀競馬場
創設 2005年3月13日
2019年の情報
距離 ダート1400m
賞金 1着賞金210万円
出走条件 サラブレッド系3歳、佐賀所属
負担重量 定量(56kg、牝馬2kg減)
出典 [1]
テンプレートを表示

飛燕賞(ひえんしょう)は、佐賀県競馬組合佐賀競馬場で施行する地方競馬重賞競走である。正式名称は「NBC杯 飛燕賞」でNBCラジオ佐賀が優勝杯を提供している。

NBCラジオ佐賀局長賞、長崎県馬事畜産振興協議会会長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞、佐賀県馬主会会長賞、佐賀県競馬組合管理者賞。

概要[編集]

佐賀競馬場で行われるサラブレッド系3歳の牡馬及び騸馬が出走可能な最初の重賞競走として、第1回のみ牡牝混合戦として施行されたル・プランタン賞のポジションを引き継ぐべく1年のブランクを挟んだ2005年に新設された。競走名は春に南国より飛来するツバメに由来しており、一般からの公募により決定された。

2019年に施行距離が1800mから1400mに短縮され、1着賞金も210万円に増額された。

条件・賞金等(2019年)[編集]

出走条件
サラブレッド系3歳。
背振山賞の上位2着以上の馬に本競走の優先出走権が付与されている。
負担重量
定量(56kg、牝馬2kg減)。
賞金額
1着210万円、2着63万円、3着21万円、4着12万6000円、5着8万4000円[2]
優先出走権付与
優勝馬に九州ダービー栄城賞の優先出走権が付与される[1]

歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 2005年3月13日 ダンシングスキー 牡3 佐賀 2:01.1 真島正徳 真島元徳 廣松一義
第2回 2006年2月26日 ナセ 牡3 佐賀 2:00.6 山口勲 東美義 片山建治
第3回 2007年2月25日 フーマ 牡3 佐賀 1:59.3 鮫島克也 山田義人 石瀬浩三
第4回 2008年2月24日 パラダイスセント 牝3 佐賀 2:00.4 山口勲 東眞市 陣内純子
第5回 2009年2月22日 ティピカル 牡3 佐賀 1:59.8 真島正徳 土井道隆 廣松重信
第6回 2010年2月21日 ゴールドセント 牝3 佐賀 1:59.9 吉田順治 土井道隆 陣内純子
第7回 2011年2月20日 ヒシダイアナ 牝3 佐賀 1:58.1 山口勲 大垣敏夫 加藤二六
第8回 2012年2月19日 エスワンプリンス 牡3 佐賀 1:56.0 鮫島克也 手島勝利 満岡洋子
第9回 2013年2月17日 ロマンチック 牝3 佐賀 1:59.8 山口勲 東眞市 原久美子
第10回 2014年2月23日 ケンシスピリット 牡3 佐賀 2:00.0 真島正徳 三小田幸人 林田憲次
第11回 2015年2月22日 ダイリンザン 牡3 佐賀 1:59.5 真島正徳 真島元徳 廣松一義
第12回 2016年2月21日 サプール 牡3 佐賀 1:59.9 山口勲 東眞市 原大栄
第13回 2017年2月19日 コパノレイミー 牝3 佐賀 2:00.3 山口勲 東眞市 小林祐介
第14回 2018年2月18日 ベルセルク 牡3 佐賀 1:59.1 真島正徳 真島元徳 原久美子
第15回 2019年2月17日 ニュールック 牝3 佐賀 1:30.4 山口勲 東眞市 原久美子

各回競走結果の出典[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b 平成30年度 ダートグレード・重賞競走日程表”. さがけいば. 2019年2月16日閲覧。
  2. ^ 12R 飛燕賞|2019年2月17日(日)21回佐賀2日”. JBISサーチ. 2019年2月16日閲覧。