飛石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

飛石(とびいし)

  • 飛び飛びに配置された石を指す言葉。本項参照。
    • 日本庭園を渡り歩く足場とするために、飛び飛びに配置された石。
    • 川(主に小川)を渡る足場とするために、飛び飛びに配置された石。
    • 比喩的に、飛び飛びに配置されていることを指す言葉。
      • 飛石連休 - 平日をはさんで休日が1日飛んで配置されていることを指す言葉。
  • 車両(主に自動車)走行中にタイヤが地面の石を弾くように飛ばすこと、それによって飛ばされた石を指す言葉。
  • 水切りの別称の一つ。
  • 日本人の一つ。
  • 直方隕石の古称。

飛び石
小川を渡る素朴な踏み石の橋
小川を渡る素朴な踏み石の橋
原型: これらはいずれも、基本的なタイプの一つでしかありません。ので、洗い越しを参照してください。
関連: 天然石の踏切
派生: クラッパーブリッジ、ジグザグブリッジ、ログブリッジ
橋渡対象: 歩行者
支間長: スパンの決まりがあるわけではありませんが、石は水の流れや快適なステップまたは飛躍を可能にするために、間隔を空けなければなりません
材質: 選択された石
可動: なし
高さ: 簡素素朴な職人による 芸術デザインの適用
仮構: なし
テンプレートを表示

飛石、飛び石(とびいし、踏み石またはステップストーン、 (Stepping stones)は、川などの自然の水路を歩行者が横断するための単純なまたは土手道を形成するようにならべられた石です。また庭の水面に設けられた石段で、石間に水が流れることが許されている。 [1]  他の橋とは異なり、一定間隔ではありません。ハイカーによって簡単に作ることができる反面、増水時には使えず、洪水によって流されると使えなくなることがあります。

ボルトン修道院の飛び石 。


歴史的な飛び石[編集]

スコットランドノース・エアシャー エグリントンウッズのドルッケン・ステップは詩人 ロバート・バーンズと仲間のリチャード・ブラウンお気に入りの隠れ家であり、2人は1781年から1782年までアーバインに住んでいた[2]

"Drukken"ステップという名前は、彼らがレッドバーンを横切っている間に石から石へと歩んだときの人の歩みに由来します。 2009年よりいままでよりもはるかに広くて7つ以上の石がもともとのレッドバーンに設置されました。 [3]  

バーンズ自身は「Drukken」ではなく「Drucken」というスコットランドの綴りを使用していました。 [4]  Drukken Stepsの遺構は現在Eglinton Country Parkにあります。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Glossary of Trail and Greenway Terms”. South Carolina State Trails Program (2008年). 2014年1月5日閲覧。
  2. ^ Love, Dane (2003), Ayrshire : Discovering a County. Ayr : Fort Publishing. ISBN 0-9544461-1-9
  3. ^ King.
  4. ^ Scotch Drink