飛騨御嶽高原高地トレーニングエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

飛騨御嶽高原高地トレーニングエリアは、岐阜県飛騨地方にあるナショナルトレーニングセンターの競技別強化拠点の一つである。ナショナルトレーニングセンターは、「スポーツ振興基本計画」(2000年9月文部省告示)を受けて設置されている、日本のトップレベル競技者用トレーニング施設である。

概要[編集]

  • 御嶽山の北西の山麓の標高1,200~2,200mにある高地トレーニング施設である。単一の施設ではなく、の岐阜県高山市下呂市に点在する6つのエリアの総称である。「ナショナル高地トレーニングセンター」の誘致も進められているところでもある。
  • 2005年(平成17年)には日本オリンピック委員会より2008年北京オリンピックの陸上競技強化センターの認定を受け、トップアスリートの練習場として国内外での認知されている。また2012年ロンドンオリンピックの陸上競技強化センターの認定も受けている。
  • 陸上競技以外のスポーツ選手の利用も多い。
  • 基本的には元々存在した施設を整備・新設したものである。合宿の場合は近くの指定された宿泊施設を利用する。

施設[編集]

チャオ御岳リゾートゾーン

チャオ御岳リゾートゾーン[編集]

  • 岐阜県高山市高根町チャオ御岳スノーリゾートを中心とするエリア。標高1,800m~2,200m。
  • スキー場をはじめ、スキー場内のウッドチップランニングコース2箇所、林道ランニングコース、全天候型100m走路などを有す。

ナショナル高地トレーニングセンター誘致候補地ゾーン[編集]

  • 岐阜県高山市朝日町の秋神温泉、胡桃島キャンプ場付近のエリア。標高1,800m。ナショナル高地トレーニングセンター誘致候補地として位置づけられている。
  • 高山市高根町から同市朝日町を経由して下呂市小坂町までの、全長7.6kmの飛騨御嶽尚子ボルダーロード(一部整備中)がある。
濁河温泉ゾーン(左:御嶽パノラマグランド)

濁河温泉ゾーン[編集]

  • 岐阜県下呂市小坂町濁河温泉を中心とするエリア。標高1,700~1,900m。
  • 2007年(平成19年)には御嶽パノラマグランドが開設される。ここには全天候型陸上競技場6レーン、ウッドチップジョギングコース、クレイ系舗装インフィールドが整備されている。

千町牧場ゾーン[編集]

  • 岐阜県高山市高根町の牧場。飛騨牛が放牧されている。標高1,600m。
  • 御岳山や乗鞍岳などの北アルプスが眺望できる。トレーニング施設としてではなく、癒しの効果を考慮したエリアである。

日和田高原ゾーン[編集]

日和田高原ゾーン(手前:日和田ハイランド陸上競技場)
  • 岐阜県高山市高根町の日和田高原一帯のエリア。標高1,300m~1,400m。
  • 高根総合グラウンド(オケジッタグラウンド)、日和田ハイランド陸上競技場、飛騨日和田体育館、オケジッタ1305(トレーニングルーム)が整備されており、各種トレーニング機能がもっとも充実している。

鈴蘭高原ゾーン[編集]

  • 岐阜県高山市高根町の鈴蘭高原一帯のエリア。標高1,200m~1,300m。
  • 鈴蘭シャンツェ(スキージャンプ)、鈴蘭高原クロスカントリーコース(クロスカントリースキー)があり、スキー競技のトレーニング場所である。

交通[編集]

  • 公共交通機関が確保されているのは、チャオ御岳リゾートゾーンと濁河温泉ゾーン(中央本線木曽福島駅からおんたけ交通が運行)、ナショナル高地トレーニングセンター誘致候補地ゾーンと鈴蘭高原ゾーンと日和田高原(高山本線高山駅より濃飛バスが運行)である。しかし、季節運行や本数が少ない。