飛騨警察署

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Asahikage.svg 岐阜県飛騨警察署 Japanese Map symbol (Police station).svg
Hida police.jpg
都道府県警察 岐阜県警察
管轄区域 飛騨市
交番数 2
駐在所数 5
所在地 509-4252
岐阜県飛騨市古川町朝開町1401番地
位置 北緯36度14分4.85秒 東経137度10分45.76秒 / 北緯36.2346806度 東経137.1793778度 / 36.2346806; 137.1793778座標: 北緯36度14分4.85秒 東経137度10分45.76秒 / 北緯36.2346806度 東経137.1793778度 / 36.2346806; 137.1793778
外部リンク 飛騨警察署
テンプレートを表示

飛騨警察署(ひだけいさつしょ)は、岐阜県警察が管轄する警察署の一つである。

古川警察署と神岡警察署を統合して設置された警察署であり、建物は旧古川警察署の建物を使用している。

神岡警部交番(旧神岡警察署)には岐阜県警察山岳警備指導センターがあり、山岳警備隊の中心的な役割を担う。

所在地[編集]

管轄区域[編集]

  • 飛騨市

沿革[編集]

古川警察署[編集]

  • 1876年(明治9年)- 第7警察出張所第3屯所が古川町に設置される。
  • 1877年(明治10年)- 高山警察署古川分署となる。
  • 1886年(明治19年) - 古川警察署となる。
  • 1893年 (明治26年) - 船津警察署古川分署となる。
  • 1926年(大正15年)- 再び古川警察署となる。[1]
  • 1948年(昭和23年)- 警察制度改正により国家地方警察南吉城地区警察署と改称。
  • 1954年(昭和29年)- 警察制度改正により古川警察署と改称。
  • 2005年平成17年)4月1日 - 古川警察署と神岡警察署を統合、飛騨警察署を設置。また、古川警察署の管轄であった高山市国府町(旧吉城郡国府町)と、神岡警察署の管轄であった高山市上宝町、奥飛騨温泉郷(旧吉城郡上宝村)を高山警察署に移管。

神岡警察署[編集]

  • 1875年(明治8年)- 第13出張所が船津に設置される。
  • 1876年(明治9年)- 第7警察出張所第7屯所となる。
  • 1877年(明治10年)- 高山警察署神岡分署となる。
  • 1893年 (明治26年) - 船津警察署となる。[2]
  • 1948年(昭和23年)- 警察制度改正により国家地方警察北吉城地区警察署と改称。
  • 1954年(昭和29年)- 警察制度改正により岐阜県神岡警察署と改称。
  • 2005年(平成17年)- 古川警察署との統合により、飛騨警察署神岡警部交番となる。

組織[編集]

※順不同

  • 署長(警視)
  • 次長兼警務課長(警部) - 警務課
  • 会計課 - 課長は一般職員(課長補佐級)
  • 生活安全課
  • 刑事課
  • 地域課
  • 交通課
  • 警備課

交番[編集]

2020年時点[3]

  • 神岡警部交番(飛騨市神岡町殿)
  • 署所在地交番(飛騨市古川町朝開町、飛騨警察署内)

警察官駐在所[編集]

  • 鷹狩警察官駐在所(飛騨市古川町谷)
  • 河合警察官駐在所(飛騨市河合町角川)
  • 宮川警察官駐在所(飛騨市宮川町森)
  • 山田警察官駐在所(飛騨市神岡町西)
  • 茂住警察官駐在所(飛騨市神岡町東茂住)

脚注[編集]

  1. ^ 『岐阜県警察史 上巷』岐阜県警察本部、岐阜県警察史編さん委員会、1981年、949頁
  2. ^ 『岐阜県警察史 上巷』岐阜県警察本部、岐阜県警察史編さん委員会、1981年、949頁
  3. ^ 交番、駐在所の名称、位置及び所管区に関する規則