飛騨高山テレ・エフエム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社飛騨高山テレ・エフエム
HIDA-TAKAYAMA TELEFM
愛称 Hits FM
コールサイン JOZZ6AE-FM
周波数/送信出力 76.5 MHz/20 W
本社・所在地
〒506-0021
設立日 1986年8月
開局日 1997年7月19日
演奏所 本社と同じ
送信所 高山市下切町2281-2
中継局 清見IC 出力5W
清見龍ヶ峰 出力5W
荘川ダナ 出力1W
高根子の原 出力10W
上宝在家山 出力2W
奥飛騨温泉郷平湯 出力1W
放送区域 高山市の一部
ネット配信 JCBAインターネットサイマルラジオ
公式サイト http://www.hidanet.ne.jp/~hitsfm/
本社・演奏所が入る日本放送協会高山放送会館

株式会社飛騨高山テレ・エフエム(ひだたかやまテレ・エフエム)は、岐阜県高山市の一部地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。 HitsFM(Hida Takayama Station of FM、ヒッツエフエム)の愛称でコミュニティ放送をしている。

概要[編集]

1997年(平成9年)に開局した岐阜県初、東海地方では愛知県エフエム豊橋に次ぐ2番目のコミュニティ放送局である[1]

ほとんどの時間は自社制作番組で構成され、住民だけでなく観光客にもターゲットを伸ばした内容となっている。(深夜の一部番組は他のコミュニティ放送局及び制作団体の番組を放送。放送開始時は100%自社制作番組だった[2]。)個人聴取のほか、アーケード商店街に設置されるスピーカーなどからも楽しむことができる。衛星ラジオからの配信はない。

もともと高山市は山間部なために受信可能なFM放送局が少ない(2001年(平成13年)の岐阜エフエム放送(現・エフエム岐阜)開局前まではNHK-FMしかなかった[2]。)ことから、開局により瞬時に市民に浸透、地域密着性と娯楽性の両立に成功している。特に開局後すぐに開始した番組「私のオールディーズ」は、鬼ころしの蔵元である老田酒造店、老田正夫のDJおよび構成によっていた[3]。老田本人の申し出により、2007年(平成19年)3月末をもって終了、最後はベニー・グッドマンの「グッドバイ」を選曲した[3]

また、高山駅前などの屋外文字放送も手掛けている。ニュースは中日新聞から配信を受けている。

沿革[編集]

前身は飛騨高山テレトピア株式会社である[4]。これは1985年(昭和60年)、郵政省(当時)が推進した地域情報化政策により高山市が県内初のテレトピア地域指定を受けたことから、1986年(昭和61年)に第三セクターとして設立されたものである[1]。 飛騨高山観光産業振興システム(キャプテンシステムを利用したニューメディア事業)を推進し、これにより市街地にビデオテックス端末などを設置、運営を行った。土産品情報や、ホテルおよび旅館の空室情報などがリアルタイムに配信されることはインターネットのない当時としては画期的であり、市外からのアクセスも多くこれは一定の成果を得たとされる[5]

つまり現在行われているコミュニティ放送事業も、前述の地域情報化を推進する流れを汲むものであると言えよう。なお、正式な開局の前に、高山市昭和町の和井田製作所跡地に仮設された放送局から実験的な放送が1996年(平成8年)より約1年間行われた[要出典]が、開局日以後、現住所に移動した。 なお、インターネットプロバイダ事業も行っている。

放送エリア[編集]

サービスエリアは、高山市及び飛騨市の一部、エリア内人口は約10万人、世帯数は約2万3千世帯 [6]

2005年(平成17年)の市町村合併により、高山市の面積が非常に広大となり(合併後の高山市は香川県大阪府よりも面積が広い。)、市内の大半をカバーできない問題が発生したが、6中継局の放送局(現・特定地上基幹放送局)の予備免許を取得、2009年(平成21年)1月下旬に試験放送開始、2009年4月1日に本放送を開始した。これにより、放送区域が拡大し高山市全世帯の84.2%がカバーされたことにより、ほぼ解消した。

送信所[編集]

周波数は76.5MHz[1]

送信所名 所在地 空中線電力 備考
親局 上切町 20W
清見IC 清見町夏厩 5W
清見龍ヶ峰 清見町楢谷
(龍ヶ峰)
5W
荘川ダナ 荘川町黒谷
(ダナ高原)
1W
高根子の原 高根町中洞
(子の原高原)
10W 報道資料では1Wだが、実際は10W
上宝在家山 上宝町在家
(在家山)
2W
奥飛騨温泉郷平湯 奥飛騨温泉郷平湯 1W

防災ラジオ[編集]

高山市は、2009年4月(平成21年度)から高山防災ラジオを有償頒布している [7]。 ヒッツエフエム以外のNHK民放のFM放送・AM放送も計5局受信できる。

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「コミュニティFMの放送 来月16日に開始 飛騨高山テレ・エフエム」日本経済新聞1997年6月19日付朝刊、地方経済面中部7ページ
  2. ^ a b 本田直人「飛騨らしさ電波に乗せて 高山のHitsFM」朝日新聞1997年10月28日付朝刊、岐阜版
  3. ^ a b 山内明"ジャズ紹介し10年「グッドバイ」"2007年5月2日付朝刊、岐阜版22ページ
  4. ^ 「地元密着FM局、6月にも本格放送 県内で初 高山」朝日新聞1997年3月15日付朝刊、岐阜版
  5. ^ 地域の産業面における活用 平成元年版通信白書第2章第2節3(1) (総務省情報通信統計データベース)
  6. ^ COMPANY PROFILEInternet Archiveのアーカイブ:2013年5月9日収集)
  7. ^ 高山防災ラジオについて 高山市(国立国会図書館のアーカイブ:2010年8月3日収集)