飛鳥井雅章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
飛鳥井雅章
飛鳥井雅章 Asukai Masa'aki.jpg
飛鳥井雅章の肖像粉本
時代 江戸時代前期
生誕 慶長16年3月1日1611年4月13日
死没 延宝7年10月12日1679年11月15日
改名 雅昭(初名)→雅章
官位 従一位権大納言
主君 後水尾天皇明正天皇後光明天皇後西天皇
氏族 飛鳥井家
父母 父:飛鳥井雅庸、養父:飛鳥井雅宣
兄弟 雅賢難波宗勝(雅宣)雅章
養兄弟:難波宗種
烏丸光賢の娘、四辻公遠の孫娘ら
雅知、雅直、難波宗量、雅豊、
難波宗尚、中院通躬正室、平松時量室、小川坊城俊広室、吉田兼起室
テンプレートを表示

飛鳥井 雅章(あすかい まさあき、1611年慶長16年)~1679年(延宝7年))は、江戸時代前期の公卿歌人権大納言飛鳥井雅庸の四男。官位従一位・権大納言。飛鳥井家16代当主。

経歴[編集]

1611年(慶長16年)飛鳥井雅庸の三男として誕生し、兄・飛鳥井雅宣の嗣子として16代当主となる[1]

1657年明暦3年)後水尾院から古今伝授を受け、歌壇の中心的歌人として活躍した[1]。和歌御会の歌題提出は飛鳥井家と冷泉家が担当したが、この時期には雅章一人で担当している[1]

家集に『雅章卿御詠』『雅章卿千首』、歌学書『飛鳥井雅章卿聞書』『尊師聞書』、歌文紀行『吉野紀行』がある[1]

系譜[編集]

  • 父:飛鳥井雅庸
  • 母:不詳
  • 妻:烏丸光賢の娘
    • 男子:飛鳥井雅知(1630-1645)
    • 男子:飛鳥井雅直(1635-1662)
  • 妻:四辻公遠の孫娘
    • 男子:難波宗量(1642-1704)- 難波宗種養子
  • 妻:家女房
    • 男子:飛鳥井雅豊(1664-1712)
    • 男子:難波宗尚(1668-1699) - 兄宗量養子
  • 生母不明の子女
    • 女子:中院通躬正室
    • 女子:平松時量室
    • 女子:小川坊城俊広室
    • 女子:吉田兼起室 - 吉田兼敬

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 岡本勝雲英末雄 『新版近世文学研究事典』 おうふう、2006年2月、205頁。