飛鳥光の回廊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
飛鳥・光の回廊

飛鳥光の回廊(あすかひかりのかいろう)は、奈良県高市郡明日香村で毎年実施されている、夜間(18:00〜21:00)イベント。

毎年9月に2〜3日間、石舞台をはじめ、伝飛鳥板蓋宮跡水落遺跡飛鳥寺橘寺岡寺など、明日香村内の代表的な史跡、寺社、施設がライトアップされ、周囲は20,000本を越えるやさしくあたたかいろうそくの明かりで彩られる。 国営飛鳥歴史公園の高松塚周辺地区で演出される光の地上絵(2006年:光の朱雀、2007年:光の白虎)などをはじめ見所は多く、1日では見きれない。イベント開催中は村内各施設や駐車場(公共駐車場のみ)がすべて無料開放される。

ギャラリー[編集]

アクセス[編集]

  • 近鉄飛鳥駅より徒歩、または奈良交通バス利用。

その他[編集]

  • 開催日は毎年変わるので注意が必要。
  • ろうそくの明かりのため足下が暗く、注意して歩く必要がある。
  • 主催は明日香村観光交流活性化事業実行委員会。