飛龍つかさ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

飛龍 つかさ(ひりゅう つかさ、10月11日[1] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する男役スター。

東京都江東区[1][2]麹町学園女子高等学校出身[1][2]。身長172cm[1]。愛称は「つかさ」、「つーちゃん」[1][2]

来歴[編集]

2010年、宝塚音楽学校入学。

2012年、宝塚歌劇団に98期生として入団[3][4]宙組公演「華やかなりし日々/クライマックス」で初舞台[1][4]

2013年、組まわりを経て花組に配属[3]

2017年、明日海りお仙名彩世トップコンビ大劇場お披露目となる「邪馬台国の風」で、新人公演初主演[5][3][4]。入団6年目での抜擢となった[5][3][4]

2019年、「Dream On!」(バウホール公演)で、水美舞斗綺城ひか理とメインキャストを務める[6]

人物[編集]

祖母、母と三代続く宝塚ファン[5][3]。小学3年生の時に、自宅で花組トップスター・愛華みれの舞台映像を見て衝撃を受け、宝塚を志した[5][3]

芸名は入団時の干支である辰、龍が天に上っていくイメージでつけた[5][3]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

  • 2012年4 - 5月、宙組『華やかなりし日々』『クライマックス』(宝塚大劇場のみ)

組まわり[編集]

花組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2014年7月、『宝塚巴里祭2014』
  • 2016年9月、轟悠ディナーショー『Prelude of Yū』
  • 2017年12月、タカラヅカスペシャル2017『ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年12月、タカラヅカスペシャル2018『Say! Hey! Show Up!!』
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』
  • 2021年5月、瀬戸かずやスペシャルライブ『Gracias!!』

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2021年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、24頁。ISBN 978-4-86649-158-5。
  2. ^ a b c d e <華宝塚>陽のエネルギー届ける 飛龍(ひりゅう)つかさ(花組) 東京新聞。
  3. ^ a b c d e f g h i j 村上久美子 (2017年6月29日). “目指すはスーツ似合う「男くさい男役」/飛龍つかさ”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/1844132.html 2019年11月9日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f 名取千里 (2017年7月1日). “男くさい男役を目指し『邪馬台国の風』新人公演で戦士タケヒコを演じる”. ウィズたからづか. http://www.with-takarazuka.com/fairy/2017/07/ 2019年11月9日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g 花組・飛龍つかさ、尊敬する明日海りおが「一から役作りする姿」を見て感動-新人公演「邪馬台国の風」で初主演”. 産経ニュース. 2019年5月27日閲覧。
  6. ^ a b 水美舞斗のルキーニ再び!宝塚花組「Dream On!」開幕”. スポーツ報知. 2019年5月22日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 宝塚大劇場は2幕、東京宝塚劇場は1幕のみ。
  2. ^ 6/25のみ特別出演。