飯塚信夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

飯塚 信夫(いいづか のぶお、1963年[1] - )は、日本の経済学者神奈川大学経済学部教授。主な研究は、日本経済論、経済予測論、経済統計。東京都出身。

略歴[編集]

  • 1986年:一橋大学社会学部卒業。日本経済新聞社編集局記者
  • 1993年:日経ホーム出版社(現:日経BP)編集者兼記者
  • 1997年:日本経済新聞社 編集局経済解説部記者
  • 1999年:日本経済研究センター 研究員
  • 2002年:日本経済研究センター 副主任研究員
  • 2004年:千葉大学大学院社会科学研究科修了(経済学修士)
  • 2005年:日本経済研究センター 経済分析部長兼主任研究員
  • 2010年:日本経済新聞デジタルメディア NEEDS事業本部シニアエコノミスト
  • 2011年:神奈川大学経済学部准教授 
  • 2014年:同大学経済学部教授[2]

著作[編集]

  • 『東京湾岸の地震防災対策 臨海コンビナートは大丈夫か』(共著、2014年)

受賞[編集]

  • 景気循環学会「中原奨励賞」(2013年)[3]

脚注[編集]