飯塚健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
いいづかけん
飯塚 健
生年月日 (1979-01-10) 1979年1月10日(42歳)
出生地 日本の旗 日本群馬県渋川市
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画テレビドラマ小説
ミュージックビデオ演劇
配偶者 井上和香2012年 - )
主な作品
映画
『ステップ』
虹色デイズ
荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE
笑う招き猫
テレビドラマ
REPLAY&DESTROY
放課後グルーヴ
演劇
『FUNNY BUNNY 鳥獣と寂寞の空』
『ファンタジア』
テンプレートを表示

飯塚 健(いいづか けん、1979年1月10日 - )は、日本の映画監督脚本家

小説家舞台演出家としての顔も持つ。

略歴[編集]

群馬県渋川市出身[1]2003年、映画『Summer Nude』でデビュー(撮影時 22歳、公開時 24歳)。その後、シティボーイズきたろうに誘われたのを機に、演劇作品も手掛けるようになる。

2012年5月13日、女優の井上和香と結婚[2][3]2015年7月18日、第1子女児が誕生[4]

作品リスト[編集]

映画[編集]

映画(短編)[編集]

  • 電柱の上に咲いた花( 2005年 /監督・脚本・編集 / オムニバス映画「天使が降りた日 」の一編
  • Wonderful swim( 2006年 / 監督・脚本・編集 / オムニバス映画「ハヴァ、ナイスデー 」の一編

テレビドラマ[編集]

担当話 = 第5話 「真夏のシャッター」
担当話 = 第1話/ 2話/ 3話/ 5話/ 6話/ 7話/ 8話 (episode 22 のみ)/ 9話/ 10話
担当話 = 第2話 「Thunderbird」
担当話 = 全10話
担当話 = 第1話/ 2話/ 3話 - 監督・編集・共同脚本  / 第4話/ 5話 - 脚本協力  / 第11話(最終回) - 監督・編集
担当話 = 全8話
担当話 = 全4話
担当話 = 全4話
担当話 = 第1話/ 2話/ 6話/ 7話/ 10話(最終回)

ライブショウ[編集]

  • コントと音楽 vol. 1 / 振り返れない[38][39](2019年12月 / 演出・脚本・選曲 / 横浜赤レンガ倉庫・モーションブルーヨコハマ )
  • コントと音楽 vol. 2 / 他人関係[40](2020年9月 / 演出・脚本・選曲 / 横浜赤レンガ倉庫・モーションブルーヨコハマ )
  • コントと音楽 vol. 2.5 / 番外配信編[41](2021年5月11日配信 / 演出・脚本・選曲 / 横浜赤レンガ倉庫・モーションブルーヨコハマ )
  • コントと音楽 vol.3 / くたばるものかよ [42](2021年10月公演予定 / 演出・脚本・選曲 / コットンクラブ

演劇[編集]

  • ファミリーボーン(2003年 / 演出・脚本・映像監督/ 恵比寿エコー劇場 )
  • FUNNY BUNNY(2007年 / 演出・脚本 / 新宿SPACE107 )
  • 燃え尽きる寸前の光(2008年 / 演出・脚本・映像監督 / シアターVアカサカ )
  • オアシスと砂漠(2009年 / 脚本 / 青山劇場 )
  • ファンタジア(2009年 / 演出・脚本・映像監督 / 新宿シアターモリエール )
  • FUNNY BUNNY 鳥獣と寂寞の空[43][44](2012年 / 演出・脚本 / 青山円形劇場 )  

ケータイ・ネット配信ドラマ[編集]

著書[編集]

作を担当。絵はイラストレーターの尾崎智美。

連載[編集]

  • コラム「 映画監督・飯塚健の日々散々 」 (2012年7月~2016年7月 テレビ朝日auによるモバイルサイト「auヘッドライン」にて週一連載

MV[編集]

CM[編集]

テレビアニメ[編集]

受賞歴[編集]

2003年度 第7回 みちのく国際ミステリー映画祭 新人監督奨励賞ノミネート。
2016年 2月 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭にてワールドプレミア。[64]
2016年 9月 したまちコメディ映画祭in台東招待。[65][66]
2016年 10月 台湾 高雄映画祭招待。[67]
2016年 11月 ハワイ国際映画祭招待。[68]
2016年 11月 ラジオもりおか音楽映画祭招待。[69]
2017年 8月 チェチョン国際音楽映画祭招待。[70]
2017年 第60回ブルーリボン賞 作品賞ノミネート。[71]
  • 榎田貿易堂
2018年 6月 ドイツ・フランクフルト 第18回 ニッポン・コネクション にてワールドプレミア。Nippon Cinema Award ノミネート。[72]
2018年 11月 第11回 予告篇ZEN映画祭、予告篇大賞、映画チラシ大賞 ノミネート。[73]
2018年 12月 第24回 函館港イルミナシオン映画祭招待。[74]

脚注[編集]

  1. ^ “群馬県渋川市出身の同郷タッグ!渋川清彦 × 飯塚健監督 映画『榎田貿易堂』予告編”. ムビッチ (株式会社サードアイ). (2018年4月19日). https://moviche.com/contents/news/65468/ 2020年1月5日閲覧。 
  2. ^ “井上和香、飯塚健監督と結婚 5月13日に入籍と発表”. エンタメOVO (共同通信社). (2012年4月23日). https://tvfan.kyodo.co.jp/news/11822 2020年1月5日閲覧。 
  3. ^ “幸せ全開!井上和香、入籍後初公の場で「結婚指輪」おねだり”. ORICON NEWS (oricon ME). (2012年5月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2011657/full/ 2020年1月5日閲覧。 
  4. ^ 井上和香、第1子女児を出産「母子ともに健康」”. SANSPO.COM (2015年7月19日). 2020年1月5日閲覧。
  5. ^ ウェブマガジンCONTRAST 飯塚健 ロングインタビュー
  6. ^ シネマトゥデイ 満島真之介、『風俗行ったら人生変わったwww』で映画初主演!ヒロインの風俗嬢に佐々木希
  7. ^ 映画.COM 人気沸騰中の実力派・池松壮亮「大人ドロップ」に主演!ヒロインは橋本愛
  8. ^ ウェブマガジン CONTRAST 飯塚健×小林涼子 対談 大人になるということ
  9. ^ クランクイン! 伊藤沙莉&中川大志主演!エブリスタ小説「私のあだ名はブタっち。」映画化決定
  10. ^ 季刊エス 飯塚 健・伊藤沙莉インタビュー
  11. ^ otoCoto マイクの代わりにハンマーを握りしめて熱唱!?ハジけた尾野真千子が観られる『ブルーハーツが聴こえる』インタビュー
  12. ^ dmenu映画 なぜときどき無性にTHE BLUE HEARTSの曲が聴きたくなるのか?
  13. ^ M-ON! Press 清水富美加&松井玲奈が漫才コンビを結成!?
  14. ^ テレビジョン 【テレビの開拓者たち(4) 飯塚健】気鋭の監督が明かす“ドラマと映画の違い”
  15. ^ 映画.com 渋川清彦&飯塚健監督の“奇跡”が結実!タッグ作「榎田貿易堂」18年6月に公開決定
  16. ^ 上毛新聞 映画でタッグ 故郷に恩返し 俳優・渋川さん、映画監督・飯塚さん
  17. ^ 映画ナタリー 「虹色デイズ」映画化!佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星が仲良し4人組に
  18. ^ AbemaTIMES 飯塚監督インタビュー 『虹色デイズ』玲於&大志&真宙&流星の舞台裏は?
  19. ^ 映画ナタリー 山田孝之主演で小説「ステップ」が映画化、共演に広末涼子、伊藤沙莉、川栄李奈ら
  20. ^ Movie Walker 中川大志がダークヒーローに!『FUNNY BUNNY』映画化決定…特報が意味深?
  21. ^ Movie Walker 田中圭が実在のスキージャンパーに!長野五輪の栄光に隠された実話が映画化決定
  22. ^ モデルプレス 山田裕貴、田中圭と決死のスキージャンプに挑む
  23. ^ ウェブマガジンCONTRAST 日村勇紀(バナナマン)×飯塚健 対談
  24. ^ テレビドガッチ 『イロドリヒムラ』第2話は女優・酒井若菜、監督・飯塚健でカッコイイ日村が登場!
  25. ^ ウェブマガジンCONTRAST TBSドラマNEO「放課後グルーヴ」現場リポート
  26. ^ テレビドガッチ 「荒川UB」飯塚健監督の最新作『放課後グルーヴ』主演女優が語る魅力とは?【高梨臨インタビューNo.2】
  27. ^ テレビドガッチ AKIRA主演『GTO』新シリーズ演出が飯塚健監督に決定!
  28. ^ テレビドガッチ 山田孝之&「荒川UB」の飯塚健監督が企画!幻の携帯ドラマがテレビシリーズで復活
  29. ^ CINEMA TOPICS ONLINE 山田孝之主演ドラマ『REPLAY&DESTROY』主題歌&追加キャスト決定
  30. ^ テレビドカッチ 松井玲奈、連ドラ初主演!滝藤賢一&「荒川UB」飯塚健監督と異色タッグ
  31. ^ TVガイド 松井玲奈が飯塚健作品で、連ドラ初主演&SKE48卒業後初の歌手活動
  32. ^ music.jp ドラマ『神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎』主演・松井玲奈「実は厚木では撮影していなくて(笑)」
  33. ^ Yahooテレビ 松井玲奈が「プライベートが面白くないので、試行錯誤」と苦笑。飯塚健監督作に挑戦!
  34. ^ music.jp 松井玲奈主演「神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎」第1話、ゲストで東京03・角田晃広登場
  35. ^ music.jp 「神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎」第2話、今回のゲストは山田真歩
  36. ^ music.jp 松井玲奈主演「神奈川県厚木市ランドリー茅ヶ崎」第3話、今回のゲストは岸井ゆきの
  37. ^ M-ON! Press 清水富美加&松井玲奈が漫才コンビを結成!?
  38. ^ 時事ドットコム 映画監督/脚本家 飯塚 健 × モーション・ブルー・ヨコハマ 前代未聞の会場一体型コント劇、横浜から始動!
  39. ^ ステージナタリー “隣の席から聞こえてくる会話”をコントに、飯塚健が手がける「コントと音楽」
  40. ^ ステージナタリー “他人関係”テーマにした「コントと音楽」新作、中川大志・足立梨花・関めぐみら出演
  41. ^ ザテレビジョン 中川大志がエンターテインメントショー「コントと音楽 vol.2.5番外配信編」に出演 5月11日(火)より配信スタート
  42. ^ ORICON 飛び込む会話を“盗み聞き”するバラエティショー今秋開催 落合モトキ&足立梨花ら出演
  43. ^ CINRA.NET 映画『荒川UB』の飯塚健監督が舞台で青山円形劇場進出、サスペンス劇『FUNNY BUNNY』
  44. ^ Walker plus 「宝箱みたい!」小林涼子が“荒川UB”飯塚健の新作で3年ぶりの舞台
  45. ^ Cinema Factory 第30弾LISMOドラマ『REPLAY & DESTROY』クランクイン!
  46. ^ シネマトゥデイ 山田孝之&林遣都W主演ドラマ「REPLAY&DESTROY」製作決定!大学時代からの友人役で“荒川”コンビが再タッグ!!
  47. ^ Cinema Cafe net 山田孝之、監督に媚びを売る? 「また仕事がもらえるかも」と不敵な笑み
  48. ^ +act 飯塚健インタビュー
  49. ^ ガジェット通信 あのコの部屋をのぞいてみたい……その願望、叶えましょう!(BeeTVが)
  50. ^ BARKS LOVE LOVE LOVE、新進気鋭の鬼才クリエーター飯塚健とコラボ
  51. ^ AMAZONページ
  52. ^ mFound LOVE LOVE LOVE 深夜テレビドラマ「深夜食堂2」の主題歌で話題沸騰!
  53. ^ CINRA.NET ザ50回転ズ×飯塚健監督 対談「こんなときこそバカバカしいものを」
  54. ^ BARKS 真野恵里菜、新曲「Song for the DATE」ミュージックビデオは、「飯塚 監督がとってくださったのもあって、ひとつの作品」
  55. ^ BARKS Not yet、新作「ヒリヒリの花」MV解禁
  56. ^ EMTG MUSIC OKAMOTO’S、最新アルバムのリード曲がポッキーコラボCMに決定!
  57. ^ ナタリー NICO×飯塚健監督「天地ガエシ」PVでリベンジストーリー
  58. ^ ナタリー ASIAN KUNG-FU GENERATION最新PVは飯塚健ディレクション
  59. ^ MUSICman-net アジカン、ニューアルバムより「Planet of the Apes / 猿の惑星」MV公開
  60. ^ シネマズ 降谷建志「ワンダーラスト」×『虹色デイズ』MVが完成!未公開シーンも収録
  61. ^ 秦基博×白鳥玉季×飯塚健監督『ステップ』主題歌MV撮影の裏側
  62. ^ デロンギ公式ページ 滝藤賢一×飯塚健 対談
  63. ^ PRTIMES デロンギ 全自動エスプレッソマシン 広告キャンペーン
  64. ^ 「ブルーハーツが聴こえる」映画祭作品紹介
  65. ^ THE BLUE HEARTSショートフィルムセレクションinしたコメ
  66. ^ RollingStone Japan THE BLUE HEARTSにインスパイアされたショートフィルムがしたまちコメディ映画祭で上映
  67. ^ 台湾 高雄映画祭 公式
  68. ^ ハワイ国際映画祭 公式
  69. ^ ラジオもりおか音楽映画祭 公式
  70. ^ チェチョン国際音楽映画祭 公式
  71. ^ 日刊スポーツ ブルーリボン賞、作品賞候補に「あゝ、荒野」など
  72. ^ ニッポン・コネクション公式
  73. ^ 予告篇ZEN映画祭公式
  74. ^ 函館港イルミナシオン映画祭公式

関連項目[編集]