飯塚定輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

飯塚 定輔(いいづか さだすけ、1897年明治30年)10月[1] - 1970年昭和45年)11月5日[1][2])は、昭和期の実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

秋田県[1][2]雄勝郡、のちの羽後町出身[3]。1927年(昭和2年)日本大学法文学部法律学科を卒業した[1][2][3]

協調会嘱託、国務大臣秘書官立憲民政党政務調査会専門調査員、末広汽船社長、菊谷工業取締役会長などを務めた[2][3]

1947年(昭和22年)4月の第23回衆議院議員総選挙秋田県第2区から民主党公認で出馬して次点で落選[4]。1949年(昭和24年)1月の第24回総選挙民主自由党公認で出馬して初当選[1][2][3][5]。以後、1953年(昭和28年)4月の第26回総選挙まで再選された[6]。1955年(昭和30年)2月の第27回総選挙では落選し[6]、1958年(昭和33年)5月の第28回総選挙で再選され[6]、次の第29回総選挙でも当選し[7]、衆議院議員に通算5期在任した[2][3]。この間、第5次吉田内閣郵政政務次官第2次池田内閣外務政務次官、衆議院逓信委員長、民主自由党政調会逓信部長、自由党組織局青年部長、同副幹事長、自由民主党総務、同広報委員会副委員長、同政調行政調査会副会長などを務めた[1][2][3]。その後、第30回第32回総選挙に立候補したがいずれも落選した[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『新訂 政治家人名事典』35頁。
  2. ^ a b c d e f g 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』50頁。
  3. ^ a b c d e f 『逓信人物論 (上)』28頁。
  4. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第23回』53頁。
  5. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』36頁。
  6. ^ a b c 『国政選挙総覧 1947-2016』37頁。
  7. ^ a b 『国政選挙総覧 1947-2016』38頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 第23回』衆議院事務局、1948年。
  • 森本靖『逓信人物論 (上)』野村書店、1966年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。