飯塚知信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
飯塚知信

飯塚 知信(いいづか とものぶ、1892年明治25年)6月29日[1] - 1965年昭和40年)3月12日[2])は、昭和時代の政治家実業家銀行家貴族院多額納税者議員衆議院議員(1期)。

経歴[編集]

新潟県刈羽郡日高村新道(高田村新道を経て現柏崎市新道)に生まれる[3]1918年大正7年)早稲田大学政治経済科を卒業し、1921年(大正10年)欧米を視察する[2]1924年(大正13年)柏崎銀行頭取、ついで柏崎瓦斯取締役、第四銀行監査役、柏崎農業倉庫組合長、早稲田大学評議員、新潟県山林会顧問、新潟地方裁判所陪審委員長、高田村長[2]百三十九銀行取締役、上条郷農業振興会長、柏崎販売購買利用組合長、新潟県農会特別議員、刈羽郡乾繭組合長、高田村農協組合長などを歴任した[4]

1928年昭和3年)2月の第16回衆議院議員総選挙では新潟県第3区から立憲民政党所属で出馬し当選し、1期務めた[4]。ほか、1939年(昭和14年)新潟県多額納税者として貴族院議員に互選され、同年9月29日[5]から1947年(昭和22年)5月2日の貴族院廃止まで在任した[2]。貴族院議員在任中の1944年(昭和19年)には新潟県実業教育振興会役員となり、私有地を学校用地として寄付するなど郷里の教育振興に努めた[3]

栄典[編集]

勲章等

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 衆議院『第五十五回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1928年、9頁。
  2. ^ a b c d 衆議院、参議院 編 1960, 179頁.
  3. ^ a b c 新潟日報事業社出版部 1984, 126頁.
  4. ^ a b 衆議院、参議院 編 1962, 40頁.
  5. ^ 『官報』第3823号、昭和14年9月30日。

参考文献[編集]

  • 衆議院、参議院 編 『議会制度七十年史 第1』 大蔵省印刷局、1960年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3034963 
  • 衆議院、参議院 編 『議会制度七十年史 第11』 大蔵省印刷局、1962年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3000139 
  • 新潟日報事業社出版部 編 『新潟県大百科事典 復刻デスク版』 新潟日報事業社出版部、1984年。ISBN 488862139X。