飯塚西湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

飯塚 西湖(いいづか せいこ、弘化2年(1845年) - 昭和4年(1929年12月6日)は、松江藩出身の明治期の漢詩人、法律学士。元の名は、飯塚静庵(せいあん)でのちに飯塚(おさむ)と名を改める。西湖はで、は脩平。

カール・マルクスに唯一、直接会ったことがある日本人とされている。

経歴[編集]

出雲国松江生まれ。

松江藩主の松平定安に命ぜられ、文久3年(1863年)の冬に江戸に出て、鉄砲洲慶應義塾に入塾し福澤諭吉から直接に学ぶ。慶應義塾就学時代の聡明さが勝海舟の目に止まり、海舟の推挙で維新政府の徴士となり、明治3年(1870年)にフランス留学を命ぜられ、明治13年(1880年)に帰朝している。

欧州留学中に、フランスでエミール・アコラスフランス語版博士に師事して法制学を学ぶ。特に西園寺公望と深い親交があり、西園寺の後ろ盾を得てカール・マルクスに学ぶ機会を日本人として初めて与えられ、西園寺にマルクスを紹介した。明治6年(1873年)、留学中、普仏戦争で包囲されたパリを逃れてスイスに行き、そこで尊敬する西郷隆盛の辞職を聞いて故国に望みを経ち、スイス他欧州各国歴遊の旅に上り、ジュネーヴ湖畔の景観が郷里・松江を思わせるところからついに西湖(せいこ)と号を改めた。明治8年(1875)、ジュネーブに留学中のニューヨーク出身のアメリカ人Paulin Richterと結婚(のちに離婚)[1]

帰国後に漢詩漢文の腕を研き、明治14年(1881年)『東洋自由新聞』の発刊に参加して一時期民権運動に関係したが、次第に国家主義運動に傾倒するようになり、本田種竹、釈情潭らと関係を持つ。

麻布飯倉片町に紀州徳川家の文庫「南葵文庫の会」が発足すると、権藤成卿、小沢打魚、川崎紫山、内田良平黒龍会主宰)、大江卓樽井藤吉、山口弾正、大井憲太郎、小島文六、三浦伴八、兼松義整、綱島正興等と共に会員として発起人となり、毎月1回「南葵文庫」を主催し、及び会員の自宅で講演を行った。この南葵文庫を中心としたサークルは次第に右翼的な性格を持つ『老荘会』に関わるようになり、『老荘会』は更に発展して、大川周明北一輝らの『猶存会』となった。

著書[編集]

  • 飯塚納著、権藤成卿編『西湖四十字詩』松木多賀司、1930年

脚注[編集]

  1. ^ 『国際結婚第一号』小山騰、講談社 (1995/12), p142-143「スキャンダル三羽烏」

参考文献[編集]

  • 丸山信編『人物書誌大系 30 福沢諭吉門下』日外アソシエーツ、1995年3月、ISBN 4816912843