飯島千雍子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

飯島 千雍子(いいじま ちがこ)は、日本教会音楽家神学校教師。東洋英和女学院大学人間学科学部教授、聖書宣教会音楽科講師。満州生まれ。ドイツ歌曲、教会音楽を中心に、日本、ドイツで演奏活動を行っている。

東京芸術大学を卒業。東京芸術大学大学院音楽研究科(声楽専攻)を修了。ドイツ州立シュトゥットガルト音楽演劇大学卒業。声楽を森山俊雄、平原寿恵子、ローレ・フィッシャー、リード解釈をコンラッド・ライヒター、カール・デイヴィス、教会音楽を岳藤豪希に師事する。 [1]

夫は日本バプテスト教会連合拝島バプテスト教会の牧師また、お茶の水聖書学院教師で幅広く活躍している牧師の飯島勅。

作品[編集]

  • CD「夕映えに(Im Abendort)-ドイツ歌曲」,cantabo,2000年発売

脚注[編集]

  1. ^ 聖書神学舎教師会編「賛美の聖書的な理解を求めて」いのちのことば社、2004年、201ページ「著者紹介」

関連項目[編集]