飯島淳秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

飯島 淳秀(いいじま よしひで、1913年9月30日 - 1996年)は、英文学者、翻訳家、駒澤大学名誉教授。

京城生まれ。福岡、大阪、朝鮮と転々とし、11歳で関節炎のため左脚を切断、義足となる。1937年立教大学英文学科卒。立教中学校教員、46年立大予科講師、47年予科教授、49年立教大学助教授、55年教授、70年定年、駒澤大学教授。

英米文学の翻訳のほか、児童文学も多数訳。1961年、飯島が共訳した『アラビアン・ナイト』が含まれる講談社『世界童話文学全集』が産経児童出版文化賞を受賞。(飯島淳秀先生略年表『英米文学』90年)

編著[編集]

  • アメリカ便覧(編)旺文社 1947

翻訳[編集]