飯村豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

飯村 豊(いいむら ゆたか、1946年10月16日 - )は、日本の外交官。元駐フランス大使兼駐アンドラ大使兼駐モナコ大使。

来歴・人物[編集]

東京教育大附属駒場高校(のち筑波大駒場高)を経て、東京大学教養学部中退。1969年外務省入省。同期に谷内正太郎田中均遠藤乙彦重家俊範小町恭士(駐蘭大使、官房長)、堀村隆彦(駐墨大使、中南米局長)、松井靖夫(駐コスタリカ大使)、高橋恒一(国連行財政改革担当大使)など。

フランスで在外研修を受けたいわゆるフレンチ・スクール出身。欧亜局審議官・経済協力局長等を歴任。外務省機密費流用事件の調査にあたっていた阿部知之官房長が過労入院したため、田中真紀子外相時代には阿部の後任として大臣官房長を務めていたが、田中の不興を買って、大臣室への立ち入りを禁止されたとの報道もある。小泉純一郎総理大臣の意向で、官房長を更迭され[1]、一連の騒動の後の2002年、駐インドネシア大使に転出。2006年に駐中国大使への就任が予定されたが、結局現職の駐フランス大使に転任(駐中大使には宮本雄二が就任)した。

2009年7月14日退職。同月中東地域及び欧州地域に関連する諸問題に関し,関係国政府等と交渉するための日本政府代表に就任。2014年退任[2]

  • 昭和43年 外務公務員採用上級試験合格
  • 昭和44年 東京大学教養学部教養学科中退 外務省入省
  • 昭和45年 外務省研修生としてフランスのディジョン大学及びストラスブール大学へ2年間留学
  • 昭和52年 在ソ連大使館(二等書記官、追って一等書記官
  • 昭和54年 在フランス大使館(一等書記官)
  • 昭和57年 大臣官房人事課首席事務官
  • 昭和59年 在フィリピン大使館参事官
  • 昭和63年 経済協力局技術協力課長
  • 平成2年 大臣官房報道課長
  • 平成4年 ハーバード大学国際関係研究所フェローとして研修
  • 平成5年 在米大使館政務公使
  • 平成7年 在フランス大使館次席公使
  • 平成7年より2年間MSH(米国の国際保健分野のNGO)非常勤理事。
  • 平成9年 大臣官房審議官(欧亜局担当)
  • 平成11年 経済協力局長
  • 平成13年 大臣官房長 大臣官房審議官
  • 平成14年 在インドネシア特命全権大使
  • 平成18年 在フランス特命全権大使
  • 平成21年 日本国政府代表(中東地域及び欧州地域関連)
  • 平成21年4月より東京大学公共政策大学院客員教授
  • 平成24年 帝人取締役・ アドバイザリー・ボードメンバー
    • 財団法人日本インドネシア協会副会長[3]

脚注[編集]

  1. ^ 「<小泉首相>田中外相要望の人事先送りは認めず やま場を迎える」毎日新聞2001年8月2日
  2. ^ 「平成26年8月29日(金)定例閣議案件」首相官邸
  3. ^ 「財団法人 日本インドネシア協会の概要」厚生労働省
先代:
大島賢三
外務省経済協力局長
1999年 - 2001年
次代:
西田恒夫