飯村豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Yutaka Iimura

飯村 豊(いいむら ゆたか、1946年10月16日 - )は、日本の外交官。元駐フランス大使兼駐アンドラ大使兼駐モナコ大使。

来歴・人物[編集]

東京教育大附属駒場高校(のち筑波大駒場高)を経て、東京大学教養学部中退。1969年外務省入省。同期に谷内正太郎田中均遠藤乙彦重家俊範小町恭士(駐蘭大使、官房長)、堀村隆彦(駐墨大使、中南米局長)、松井靖夫(駐コスタリカ大使)、高橋恒一(国連行財政改革担当大使)など。

フランスで在外研修を受けたいわゆるフレンチ・スクール出身。欧亜局審議官・経済協力局長等を歴任。過労で入院した阿部知之官房長の後任として、外務省機密費流用事件の調査、対応にあたった。その後小泉内閣が成立し、田中真紀子外相が就任したが、外務省幹部の人事をめぐり田中大臣の方針に反対し、⽥中の不興を買って、⼤⾂室への⽴ち⼊りを禁⽌される。小泉純一郎総理大臣の意向で、機密費流用事件当時の次官であった 斎藤邦彦国際協力事業団総裁、林貞行駐英大使、柳井俊二駐米大使川島裕次官とともに官房⻑を更迭された[1]。一連の騒動の後、更に田中真紀子外相も退任、その後  2002年、駐インドネシア⼤使に転出。2006年に駐中国⼤使への就任が予定されたが、結局駐フランス⼤使に転任(駐中⼤使にはチャイナスクールの宮本雄⼆が就任)した。

2009年7月14日退職。同月中東地域及び欧州地域に関連する諸問題に関し,関係国政府等と交渉するための日本政府代表に就任。2014年退任[2]


インドネシア在任中は、特にインドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)の間の和平達成に尽力し、2003年には東京においてアチェ和平支援国際会議を実現、2005年の和平合意に向けたモメンタムを作ったと評価されている。

2004年7月には北朝鮮拉致被害者である曽我ひとみさんとジェンキンスさん家族の再会が[3]、北朝鮮との国交があるインドネシアの首都ジャカルタで行われ、飯村は一家の日本帰国の実現に尽力した。[4]

2004年12月のスマトラ沖地震の際には、日本は被災地アチェに対し大規模な災害支援を行い、飯村は日本の支援活動の現地における指揮をとった[5]

フランス勤務中の2008年には日仏外交関係樹立150周年記念の諸行事が行われ、日仏官民の協力の下700件以上の文化、学術等のイベントを実現し、日仏間の相互理解の促進に努めた[6]

中東担当政府代表在任中は日本が主導する「パレスチナ開発のための東アジア協力促進会合(CEAPAD)」の第一回閣僚会議を2013年2月に開催した。同会議では、東アジア諸国が協力してパレスチナの経済・社会発展に貢献し、パレスチナ問題の二国家解決の実現を目指すことで合意した。

2014 International Media Seminar on Peace in the Middle East  Photo: United Nations / John Gillespie


経歴[編集]

現職[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

先代:
大島賢三
外務省経済協力局長
1999年 - 2001年
次代:
西田恒夫