飯沼信義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
飯沼 信義
生誕 (1938-09-20) 1938年9月20日(80歳)
出身地 日本の旗 日本 長野県安曇野市
学歴 東京芸術大学
ジャンル クラシック
職業 作曲家
活動期間 1938年 -

飯沼 信義(いいぬま のぶよし 1938年9月20日 - )は日本作曲家[1]

人物[編集]

長野県南安曇郡豊科町(現安曇野市)出身。東京芸術大学音楽学部作曲科卒業、同専攻科修了。作曲を石桁眞禮生、ピアノを安藤仁一郎、小田雪江、遠山ゆや、指揮法を山田一雄の各氏に師事。

第32回日本音楽コンクール入賞。1964年より桐朋学園大学にて教鞭をとる。現在、桐朋学園大学名誉教授。日本現代音楽協会日本作曲家協議会、作曲家の会《環》各会員。

主な作品[編集]

学校向けの合唱作品が多い。

  • 麦藁帽子(立原道造詩)
  • 若葉よ来年は海へ行こう(金子光晴詩)
  • 名づけられた葉(新川和江詩)
  • 六年生の夏(関根栄一詩)
  • 手紙(石雅彦詩)
  • ブルゥブルゥブルゥ(新川和江詩)
  • 十条富士見中学校校歌(金澤智恵子詩)
  • 『讃歌』信濃によせる合唱組曲「おいで光の子どもたち」より(島崎光正 詞)
  • 『讃歌』信濃によせる合唱組曲「おいで光の子どもたち」より(島崎光正 詞) 信州大学附属松本中学校版[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]