飯田エフエム放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:外観の画像提供をお願いします。2018年6月
飯田エフエム放送株式会社
愛称 i ステーション
コールサイン JOZZ4AM-FM
周波数/送信出力 76.3 MHz/20 W
本社・所在地
〒395-0033
長野県飯田市常盤町41 飯田商工会館ビル2階
設立日 2001年(平成13年)5月1日
開局日 2001年(平成13年)10月15日
演奏所 所在地の1階および2階
送信所 飯田市本町1-15 再開発ビル「トップヒルズほんまち」屋上
中継局 遠山局
放送区域 飯田市、喬木村、高森町の各一部
ネット配信 JCBAインターネットサイマルラジオ
公式サイト http://www.iida.fm/

飯田エフエム放送株式会社(いいだエフエムほうそう)は、長野県飯田市下伊那郡喬木村及び高森町の各一部地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。 i(アイ)ステーションの愛称でコミュニティ放送をしている。

概要[編集]

2001年(平成13年)開局。 資本金は9000万円。 エージェンシー広宣とながのアドビューロがマスメディア集中排除原則にいう支配関係[1]にある。

同じ飯田市内でも遠山郷送信所との間に伊那山地が横たわっており、聴取不能であったが、2016年(平成28年)に、遠山中継局が開局し聴取可能となった。 飯田ケーブルテレビは遠山郷地域で再送信をしている。

演奏所スタジオ)は本社と同じ常盤町の飯田商工会館ビル内にある。

送信所
送信所 空中線電力 所在地
親局 20W 飯田市本町
遠山中継局 5W 飯田市南信濃和田(大森山)

サービスエリアは飯田市周辺[2]。 周辺町村では喬木村、豊丘村、高森町、阿智村下條村泰阜村松川町飯島町中川村阿南町の各一部で聴取可能である。

インターネット配信JCBAインターネットサイマルラジオによる。

豊橋市のエフエム豊橋や浜松市の浜松エフエム放送との交流が盛んであり、三局のパーソナリティやスタッフが共同で公開生放送をすることもある。「もっと!三遠南信情報局」は三局共同制作による番組である。

沿革[編集]

2001年(平成13年)

  • 7月27日 - 放送局(現・特定地上基幹放送局)の予備免許取得[3]
  • 9月26日 - 放送局の免許取得[4]
  • 10月15日 - 開局、周波数の76.3MHzにちなみ午前7時6分3秒に放送を開始[2]

2013年(平成25年)

  • 1月1日 - JCBAインターネットサイマルラジオによるインターネット配信開始

2014年(平成26年)

  • 2月24日 - 飯田商工会館建替えにより新・飯田商工会館へスタジオと事務所を移転し放送開始[5]

2016年(平成28年)

  • 10月12日 - 遠山中継局の予備免許取得[6]
  • 10月14日 - 遠山中継局の免許取得[7]

主な制作番組[編集]

2017年(平成29年)10月現在。

  • モーニングパレット(月曜~金曜7:00~9:00)
  • 南信州 EAT-ころ(月曜11:30~14:00)
  • アイステ まちづくり応援団(火曜11:30〜14:00)
  • ゆたかさのゆうゆうトーク(水曜11:30〜14:00)
  • こどもといっしょ おさんぽ日和(木曜11:30〜14:00)
  • はなきん。(金曜11:30〜14:00)
  • report-ターミナル(月曜〜木曜17:00〜19:30)
  • おいでよ!LOVE★飯田パラダイス(木曜19:20〜19:30)
  • こちら りんご並木の街放送局 ~こちりん~(金曜16:30〜20:00)
  • どようはどーよ!(土曜10:00~12:00)
  • 心のふるさと~飯田下伊那小中学校歌~(土曜17:45〜18:00、日曜の同時間帯に再放送)
  • 外国語広報(土曜・日曜18:00〜18:30)
  • かざこし歳時記 飯田市からの広報コーナー(月曜〜木曜7:05〜7:18、12:40〜12:53、再放送あり)

その他の時間帯にはJ-WAVEの番組をネットすることが多い。

かつて制作していた番組[編集]

  • Wake up Radio(月曜~金曜6:30~9:00)
  • ハイ!から~ハイ!飯田下伊那から(月曜~金曜11:00~13:30)
  • レディ GO!!(水曜~金曜15:00~16:30)
  • 1st~いちスタ(月曜~金曜16:30~20:00)
  • 半生の読み語り劇場(月曜~金曜21:30~22:00、再放送あり)

脚注[編集]

  1. ^ コミュニティ放送事業者 平成21年7月1日現在(総務省電波利用ホームページ)(2009年7月22日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  2. ^ a b 会社案内(iステーション) - ウェイバックマシン(2009年1月9日アーカイブ分)
  3. ^ コミュニティ放送局の予備免許(信越総合通信局 報道資料 平成13年7月27日)(2007年8月8日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  4. ^ コミュニティ放送局「いいだエフエム」に免許(信越総合通信局 報道資料 平成13年9月26日)(2007年8月8日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  5. ^ 飯田エフエム放送移転に関するお知らせ(iステーション 2014年1月30日) - ウェイバックマシン(2016年8月20日アーカイブ分)
  6. ^ コミュニティ放送局に予備免許 - 飯田エフエム放送 遠山地区に放送区域拡大(信越総合通信局 報道資料 平成12年10月12日)(2016年11月2日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  7. ^ 無線局等情報検索 平成30年1月6日現在(総務省電波利用ホームページ)(2018年2月1日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project