飯田大火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

飯田大火(いいだたいか)とは、1947年4月20日長野県南部の飯田市で発生した大火を指す。この火災で飯田市内中心部の商店街、約60万 m2が焼失した。

背景[編集]

城下町として発展してきた飯田市は、京都の町割に倣って作られ、細かい格子状に長屋作りの建物が整然と配列されていた。しかし、その道路幅は狭く、また木造建築物が非常に密集しており、文政の大火など過去に何度も火災の被害に遭ってきた[1]。なお、飯田大火の前年にも、負傷者4人、焼損棟数198、焼損面積3万3500 m2の被害を出した火災が起きていた。

被害[編集]

大火から5か月後の飯田市中心市街地を含む写真。写真の下部を左右に流れる川が松川で、写真の右先の方に松川が天竜川へと合流する地点がある。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1947年9月22日撮影)。

飯田大火は1947年4月20日午前11時48分頃に出火した。火元は扇町付近の八十二銀行裏手の民家であり、折りからの乾燥状態と風速4 mの風によって延焼していった。パニックに陥った市民はそれと同時に、火災現場から遠い近いに関わらず一斉に消火栓を開いたため、水圧が低下し、警防団(消防団)による初期消火の失敗につながった。午後になると風速が15 mに達し、延焼範囲は拡大していった。もはや、この頃には消防も手を付けられず、結局約10時間延焼し続けた。

この結果、焼損面積は48万1985 m2に達し、市の中心部の約7割が焼失した。最終的に、死者行方不明者3名を出した。また、罹災戸数は4010戸、罹災人員は17,778人に及んだ。

被害拡大要因として、気候条件の悪化、木造建築物の密集、消防設備の不備、初期消火の失敗、土蔵の手入れの不備で充分な延焼遮断効果を発揮できなかったこと、市民の防火意識の欠如、太平洋戦争後初の参議院選挙日で留守宅が多かった事などが挙げられた[1]。また亀井幸次郎は、八十二銀行のコンクリート製建造物がバリケードになって、火の手が東西に二分したことを延焼拡大の要因として挙げている。

一方で、辛うじて焼失を免れた仲ノ町区域には、2017年現在も、大火前の建物が残されている。

復興[編集]

大火からの復興のシンボルである、りんご並木。

飯田大火の翌年の1948年より、本格的な火災からの復興が始まった。町全体の区画は完了したものの、大火の際の「避難路」及び「消防活動」の通路が無く、非常に苦労した等の反省が残った。そこで、各戸の裏側に避難用等の通路を設置することが決まり、市民の協力により幅員2メートルの通路「裏界線」が作られた。

さらに、市中心街に2本の防火帯の役割を果たす幅員の充分な道路を街の中心で交差させ、町を4分割するように整備した。これにより、万が一の大火災時には、火災発生元の4分の1の町の焼失で喰い止め、それ以上の延焼を防げるようにした。この防火帯道路の緑地帯には地元中学生により、1953年から、りんごの木の植樹が開始され、飯田りんご並木として大火からの復興のシンボルとなった。このようにして、飯田市復興のシンボルになったリンゴは、飯田市の中心駅である飯田駅が1992年に改装された際、その駅舎のデザインにも活かされた[2]

一方で、区画整理事業によって荒町が中央通りに改名されたなど、旧城下町地域の地名の多くが公的に消滅し、松尾町のように地名が残った地区も空間区分が変更された[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c 江下以知子、高澤紀恵、吉田伸之、フランソワ=ジョゼフ・ルッジウ、ギョーム・カレ(編)『伝統都市を比較する:飯田とシャルルヴィル』 <別冊都市史研究> 山川出版社 2011年 ISBN 9784634527140 pp.81-82,86-87.
  2. ^ 伊藤 博康 『えきたの 駅を楽しむ(アート編)』 p.50、p.51 創元社 2017年12月20日発行 ISBN 978-4-422-24076-3

関連項目[編集]