飯田橋検車区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

飯田橋検車区(いいだばしけんしゃく)は、帝都高速度交通営団(営団地下鉄)に存在した車両基地である。東西線有楽町線に、それぞれ同じ名称の検車区が設置されていた。

沿革[編集]

東西線の検査業務は、最初の開業時(高田馬場 - 九段下)には本格的な車両基地がなく、九段下駅付近に設置した側線を飯田橋検車区と称して、検査業務を行っていた。その後中野駅延伸後は、国鉄の三鷹電車区(現・JR東日本・三鷹車両センター)内に飯田橋検車区三鷹出張所を設置し、列車検査と新車の着検を実施していた[1] 。なお、詳細については深川検車区の項目を参照のこと。

その後は1967年(昭和42年)の東陽町開業に伴い、深川検車区に検車区機能を移転し、東西線の飯田橋検車区は廃止された。検車区廃止後も留置線として残されている。

九段下 - 飯田橋間のB線外側に10両編成分1線の留置線が存在し、現在も存在する九段下折り返しの列車が使用する。また、夜間の車両留置にも使用される。

東西線の飯田橋検車区[編集]

有楽町線の飯田橋検車区[編集]

この検車区は5両編成が6本留置可能(開業当初の有楽町線は5両編成)で、プールピットや車両洗浄設備も備えていた。現在は10両編成6本が留置できる。

和光検車区発足まで7000系は全て当検車区所属となっていた。

有楽町線の市ヶ谷 - 飯田橋間のA線・B線の間のほぼ全長に亘って存在し、途中までは2線であるが末端は合流して1線となっている。また、南北線からの連絡線は有楽町線B線を横断する形で当留置線に繋がる。交差部はシングルスリップとなっており、有楽町線B線から留置線には進入可能だが、連絡線から有楽町線B線への進入は不可能である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 帝都高速度交通営団「60年のあゆみ - 営団地下鉄車両2000両突破記念 - 」を参照。

関連項目[編集]