飯盛義徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

飯盛 義徳(いさがい よしのり、1964年 - )は、日本行政学者慶應義塾大学総合政策学部教授。

略歴[編集]

佐賀県佐賀市出身。青雲高等学校、1987年上智大学文学部教育学科卒業。松下電器産業勤務を経て、1994年慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了(MBA取得)、2005年同博士課程単位取得退学。2007年博士(経営学)[1][2]

2000年佐賀大学理工学部客員助教授。2005年慶大環境情報学部専任講師、2008年同大学総合政策学部准教授、2014年教授。

著書[編集]

  • 『「元気村」はこう創る 実践・地域情報化戦略』(國領二郎共著、日本経済新聞出版社、2007年)
  • 『社会イノベータ』(慶應義塾大学出版会、2009年)
  • 『小学生のためのキャリア教育実践マニュアル』(横尾敏文共著、慶應義塾大学出版会、2011年)
  • 『慶應SFCの起業家たち』(宮地恵美共編著、慶應義塾大学出版会、2013年)
  • 『地域づくりのプラットフォーム』(学芸出版社、2015年)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 飯盛義徳研究室 プロフィール
  2. ^ 飯盛 義徳 - 慶應義塾大学 研究者情報総覧