飯野徹雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

飯野 徹雄(いいの てつお、1928年8月12日[1]2008年2月22日[2])は、日本の遺伝学者、ふくろう研究家。

略歴[編集]

東京府生まれ。1951年東京大学理学部植物学科卒業、1962年理学博士国立遺伝学研究所員、1971年東京大学理学部教授、小石川植物園園長を兼任し、1989年定年退官、名誉教授、早稲田大学教授。1998年退職。久美子夫人と共にふくろうに関する資料を蒐集し、自宅に「ふくろうギャラリー」を開設[3]。1991年紫綬褒章受勲。

著書[編集]

  • 『回転する生命』中央公論社 (自然選書)1977
  • 『分子構築の遺伝学』培風館 (現代遺伝学シリーズ)1980
  • 『新しい遺伝子像』中央公論社 (自然選書)1983
  • 『フクロウの文化誌 イメージの変貌』1991 中公新書
  • 『フクロウの民俗誌』平凡社 1999
  • 『世界のふくろう』里文出版 2002

共編著[編集]

  • 『遺伝』池田庸之助,田中信徳,三田隆共著 共立出版 (生物科学シリーズ 1968
  • 『細胞質因子とその利用 プラスミド研究からの展開』共編 共立出版 1981
  • 『生物学』江上信雄共編 東京大学出版会 1983-84
  • 『組換えDNA実験技術 その現状と展望』深沢俊夫、由良隆共編 学会出版センター 1984
  • 『組換えDNA』編著 裳華房 1986

翻訳[編集]

  • キャサリン・マッキーバー『ふくろうたちの家』飯野久美子共訳,オレナ・カシアン画 佑学社 1988

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002
  2. ^ 日本メンデル協会
  3. ^ 『世界のふくろう』著者紹介