餃子の王将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
餃子の王将 四条大宮店(直営1号店)
京都府京都市中京区
餃子の王将の看板メニューである焼き餃子。
餃子の王将 空港線豊中店
大阪府豊中市)看板の上部に「京都」と書かれている。
餃子の王将 早稲田夏目坂通り店(2018年)

餃子の王将(ぎょうざのおうしょう)は、株式会社王将フードサービスが京阪神地区を中心に全国展開する餃子を売りにした中華料理チェーン

単に「王将」と呼ばれることもあるが、イートアンド株式会社が展開する中華料理チェーン店である「大阪王将」と区別するために「京都王将」と呼ばれることもある[1][2][3]。看板に「京都」と明記してある店舗も存在する。

2020年3月31日現在、直営店523店舗(うち海外3店舗)、フランチャイズ214店舗の計737店舗を展開している[4]

店舗形態[編集]

餃子の王将[編集]

本チェーンの代表的な店舗の形態である。

1967年昭和42年)12月25日京都市阪急大宮駅付近(四条大宮)に一号店が開店。1970年代後半からは東京地区に積極的に出店している。

繁華街・駅前型から郊外型など幅広いエリアに出店している。店も小さなタイプから幹線国道沿いのロードサイドの大型店舗など幅広い。

オープンキッチンスタイルでの店舗調理で、一部の店舗を除いて、各店舗で調理が行われている。これは、中華料理は出来立てが一番美味しい、調理の過程が見えた方が安心度が高い、という理念による物であり、2000年(平成12年)初めごろ、不況により外食産業全般が不調になった際に、餃子の王将もコストカットのため、他の大型外食チェーン店と同じように、セントラルキッチンの食材を大幅に増やしたが、餃子の王将らしさがなくなったと不評で、従来の方式に戻したという経緯もある。但し、食材の下拵えや製麺などは作業効率とコストダウンを考えて、セントラルキッチンで行われている。

店の看板である餃子については、過去、店舗毎の味のバラツキを無くすためセントラルキッチンで餡と皮を製造し、各店舗に配送し販売当日に包んで焼いていた。しかし従業員が総出で1日1000食以上も餃子の包みを余儀なくされる店舗も増え、次第に店内サービスや調理業務を圧迫し始めたことから、全自動成型餃子システムを導入したセントラルキッチンによる製造に移行。2016年に東日本エリアをカバーする東松山工場が竣工し、東日本の各店舗へ配送を始めたことを契機に全国に拡大、2019年までに店内の餃子製造を取りやめている[5][6]。なお、ラーメンに関しては、店舗で仕込んだ独自のラーメンを提供している店もある。

くるくる寿司[編集]

1987年からは回転寿司事業に参入し、「くるくる寿司」の名前で餃子の王将の店舗内に併設する形[7]で最大20店舗まで拡大したが、話題性や収益の低下を受け、2013年に撤退した[8]

海外進出[編集]

餃子の王将大連商場店
遼寧省大連市

2005年1月には、初海外進出として中華人民共和国遼寧省大連市に現地子会社「王将餃子(大連)餐飲有限公司」を設立し、同年8月、大連に出店を果たした。「餃子の王将」が餃子母国へ凱旋帰国!をキャッチフレーズに、本場中国、とりわけ餃子発祥の地の1つとされる中国東北部である大連に、和風中華料理を逆輸出する形で話題にもなった。CMからのキャッチフレーズである「食は万里を超える」を実践する意気込みである。

尚、日本の店舗であることを強調するために、看板などは日本語で「ぎょうざの王将」と「餃子」を平仮名表記している。2008年8月には大連商場店(1号店)、開発区店、人民路店、英華街店、金州店と5店舗に成長した。

一時は6店舗にまで拡大したが、業績悪化のため2014年10月31日に子会社の解散を決定し、同年11月に全店舗閉店。2016年3月には子会社の清算完了。大連の「餃子の王将」の閉店後、元関係者らによって「大連嘉和屋餐飲有限公司」が設立され、2015年、「餃子の王将」の店舗跡地に「嘉和屋(カワヤ)」を営業開始した[9]

2016年6月28日の株主総会で、海外再進出として年内に台湾へ出店する方針を発表した[10]。2017年4月、中華民国高雄市の「漢神アリーナショッピングプラザ(漢神巨蛋購物廣場)」に台湾1号店となる「餃子の王将 高雄漢神巨蛋店」をオープンした。台湾では主食である餃子を、敢えて白飯と一緒に提供する「餃子セット」など、日本流の食べ方を提案している。

GYOZA OHSHO[編集]

2016年3月、女性をメインターゲットとした新コンセプト店舗「GYOZA OHSHO」をオープンした。今後の世界進出を視野に入れ「ジャパニーズカジュアル」をコンセプトとし、女性デザイナーによる設計を採用し、女性が多く入店しやすいような店舗創りがなされている[11]。女性料理研究家の小針衣里加の監修によりメニュー開発を行い、おからと紅しょうがを餡にした揚げ餃子、サワークリームとバターで食べるスープ餃子、チーズケーキの形をした卵焼きなど女性ウケしそうな商品を揃えた[12]

  • GYOZA OHSHO 烏丸御池店(2016年3月3日オープン)
  • GYOZA OHSHO 阪神芦屋店(2016年8月31日オープン)
  • GYOZA OHSHO 大宮駅西口店(2016年10月15日オープン、首都圏かつ東日本で初となるGYOZA OHSHOの店舗)
  • GYOZA OHSHO 京都高島屋店(2017年2月8日オープン、餃子の王将で初となる餃子持ち帰り専門店)
  • GYOZA OHSHO プライムツリー赤池店(2017年11月24日オープン、東海地区で初となるGYOZA OHSHOの店舗)
  • GYOZA OHSHO 有楽町国際フォーラム口店(2019年3月2日オープン、東京都内で初となるGYOZA OHSHOの店舗)

餃子の王将 Express[編集]

餃子の王将 Expressは、全席スタンディングスタイルの店舗で、「電車までのわずかな時間」「待ち合わせまでのひととき」といったニーズに応えられるようスピーディさを重視、味にも満足いただけるよう、食材や調理方法にこだわっている[13][14]

2019年6月27日にリニューアルオープンしたアトレ秋葉原の1階に、餃子の王将の新業態店舗1号店となる「餃子の王将 Express アトレ秋葉原店」がオープンした。

いけすの王将[編集]

かつては「いけすの王将」として和食部門にも進出していたが、2011年8月31日に最後の店舗が閉店された。

メニュー[編集]

極王天津飯

餃子の王将は、地域性やお客様ニーズに応えるため、エリアごとにメニューを変えている。また、餃子等の全店共通基本メニュー以外のメニューは各店舗の店長に裁量が認められているため、店舗によってもメニューが異なる[15]

中京圏での台湾ラーメン等、「ご当地メニュー」もしばしば存在する。また、このような全店共通基本メニュー以外は統一したレシピが無いため、同じメニューでも店によって味が全く違うこともある。また、各店独自の組み合わせで定食やセットメニューも多数用意されている。

また、全店共通基本メニューでも、天津飯は関東では甘酢ダレおよび塩ダレから選べるのに対して、関西は醤油ダレのように一部のメニューについては関東と関西でレシピが違う。ただし、現在は関東でも関西風の醤油ダレが選べる店や(神田店、大船店、藤沢店など)、関西で甘酢ダレや塩ダレが選べる店(神戸御影店の塩ダレ、難波南海通り店の甘酢ダレ)も登場している。

東京本部のエリア[16]では、東京ラーメンが一般メニューに加わっている。

京都市では「京都=学生」という形で、いわゆる貧乏学生に対しては、様々な商品を提供している。ボリュームの多い定食はもちろんの上、制限時間内完食で無料とするいわゆるチャレンジメニューや、厨房での皿洗い労働を30分することを条件とした無料の食事(後述)、学生証を提示すると注文できる大学限定メニューなどが存在する。

餃子の焼き方は、デフォルトの「普通焼き」以外に、皮のモッチリ感が味わえる「うす焼き」や、しっかりとした香ばしさが味わえる「両面焼き」や「よく焼き」など、焼き加減を裏メニューとして注文可能である[17]

ぎょうざ倶楽部会員カード[編集]

定期的に開催される「お客様感謝キャンペーン」にてスタンプカードが配布され、指定の期間内に指定の数のスタンプを集めることでプラスチック製会員カードが発行される。会員カードを提示すると利用代金が割引される。

期間やスタンプ数、特典内容、有効期限は変更されることもあるが、2019年はレジ合計額500円毎に1つのスタンプを25押印すれば、利用代金5%割引きとなる[18]。さらに25押印を集めるとプレミアム会員となり、利用代金7%割引きとなる。利用の度に餃子が1 - 2人前無料扱いされるプラチナやゴールドのカードが存在した時もあった。

王将用語[編集]

餃子の王将には中国語をベースにした独自の店内用語があり、一般に「王将用語」と呼ばれる。注文を厨房に伝える時などに大きな声やマイクで使われるため、話題になることも多い[19]。例えば「コーテル・リャン・ガ・リャン・テ」は「焼き餃子2人前を2皿」という意味である。

メニュー
  • 焼き餃子 - コーテル
  • お持ち帰り用の生餃子 - チャウス
  • チャーハン - ソーハン
  • 天津飯 - テンハン
  • 焼きそば - ソーメン
  • 中華丼 - チュウドン
  • 中華麺 - チュウメン
  • 味噌ラーメン - ミソメン
  • カタ焼きそば - バリ
  • 鶏の唐揚 - エンザーキー
  • 肉と玉子のいりつけ - ムーシーロー
  • パイハン - 白いご飯-
  • 野菜炒め - ソーパイサイ
  • 五目そば(五目麺) - ウースーメン
数字
  • 1人前 - イーガ
  • 2人前 - リャンガ
その他
  • お持ち帰り - ナーホー
  • カイカイ(快快)=急いで
  • マンマン(慢慢)=ゆっくり
  • マンラ(完了)=売り切れ
  • プヨ(不要)=いらない
  • 皿 - テ

逸話等[編集]

  • フランチャイズ店の出町店(京都市上京区)では、苦学生を対象に「皿洗いを30分することを条件で無料で食事ができる」伝統が35年以上行われていた[20]。2018年頃には衛生上の理由から皿洗いはなくなったが、苦しい学生には無料で食事を提供することは続けていた[21][22]。店主の井上定博が70歳になり、年齢によるフランチャイズ契約終了のため、2020年10月31日をもって閉店した[23][24]
    • 取締役島耕作』3巻では、同店をモデルにした「錦丸食堂」が登場する[23][21]。京都での会議の途中に中国家電大手出発集団の孫鋭が、貧しかった留学生時代に世話になったその店を島と共に再訪し、二人は食後に皿洗いをした。
    • 週刊新潮2006年(平成18年)11月9日号では、『取締役島耕作』作者の弘兼憲史が出町店を訪ね、皿を洗う写真記事「とっておき私の京都-餃子の王将出町店-弘兼憲史」が掲載された。
  • 1号店の四条大宮店は、元来賃借物件であったが、阪急大宮駅の非常通路設置に伴うビル解体に際し、土地を購入して自社ビルを新築、2009年(平成21年)9月25日にリニューアルオープン。
  • 2014年10月8日、餃子の主要食材(豚肉・小麦粉・キャベツ・ニラ・にんにく・生姜)をすべて国産化したことを発表。また、麺料理に関しても国産の小麦粉を使用することを発表した。[25]
  • 創業間もない頃、餃子1人前無料券を繁華街で配布して、集客と知名度向上を図っていた。
  • 王将フードサービスの株主には株主優待券が年1回、6月下旬頃に郵送される。株主優待券は500円額面の金券扱いで、有効期限は翌年の6月30日までである。
  • 西日本地区と東日本地区の分水嶺は関東以北とされる[26]
  • 餃子の皮も西日本と東日本では違う。
  • 飲料会社のアサヒビールアサヒ飲料と資本提携している。
  • アサヒビールが筆頭株主で、アルコール類やソフトドリンクはアサヒビール、アサヒ飲料の物で、グラスなどに刻印されている餃子の王将のロゴマークは、アサヒビールのそれに似ている。

事件・事故・不祥事[編集]

  • 2012年11月大阪府寝屋川市内の店舗で、客の40歳代の女性が、床にこぼれていた油で滑り足を骨折。女性は、滑る原因となった油が、調理場から飛び散ったものであるとし、「インターネットなどで滑りやすさが指摘されていたのに、店は予防措置を怠った」などとして、大阪地方裁判所に提訴。その後2015年3月6日付で、王将フードサービス側が女性に解決金100万円を支払う帰途で和解が成立[27]
  • 2013年9月3日金沢市の「金沢片町店」で客10人が、店員の制止を振り切って、服を脱ぐといった行為を行い、それをFacebookに投稿していたことが分かった。この店舗は事件が発覚した同9月2日の閉店をもって営業停止とすることを決めた[28][29]。なおこの客らは、読売新聞北陸支社のインタビューに対し、「昨年(2012年)11月末に、客に配る自分たちの店のカレンダーの写真として使うために当日の同店の責任者から許諾を得た。他の客のいない早朝に連絡を受けて、店に行って撮影をした」と話したが、一方の王将フードサービスは「店員は撮影を許可したが、裸になるとは想定していなかった。撮影を止めようとしたが止められず、制服も強引に着られてしまった」と説明している。なお問題の写真のカレンダーは客に配布されていた[30]。同店については撤退(完全閉店)を含めた検討が予定されていたが、その後同9月10日「これ以上営業を続けられない」として、閉店を決定した。この男性客には損害賠償の請求を考えている。ちなみに、同10月7日付で上記の客のうち2名が、金沢中署威力業務妨害および公然わいせつの容疑で逮捕されている[31]
  • 2013年9月3日、社内調査で新潟市の「新潟近江店」において男性店員が餃子用の冷蔵庫内に入っているところが写真として投稿されていたことを公表した[29][32]。冷蔵庫内にある食材の廃棄や消毒作業を行うため、9月3日から10日まで営業を停止し、9月11日から再開した。
  • 2013年12月19日早朝、当時の社長であった大東隆行王将フードサービス本社前の路上で何者かに拳銃で撃たれ、死亡する射殺事件が起きた。

のれん問題[編集]

大阪王将(イートアンド)[編集]

イートアンドが展開する「大阪王将」という中華料理店チェーンがある。

王将フードサービスの創業者の親類が独立して創業し[33]、その後、大阪王将食品(後に「イートアンド」と改称)として法人化してチェーン展開を始めたものである。王将フードサービスとは資本や事業上の関係はない。

鹿児島の“餃子の王将”[編集]

鹿児島県鹿児島市霧島市に「鹿児島王将株式会社」が経営する“餃子の王将”が存在する。

鹿児島王将株式会社は、王将フードサービスと「鹿児島県内における『餃子の王将』出店は鹿児島王将に一任する」旨の協定を結んでいる。日本国内で王将フードサービスの直営及びFC以外で“餃子の王将”を名乗る事が出来るのは鹿児島王将のみである。

稲盛和夫京セラ創業者)の義弟が餃子の王将でアルバイトをしていたが、独立を希望していた。それを聞いた稲盛和夫は、餃子の王将の社長に掛け合い、快諾を得たため、1978年(昭和53年)7月に実弟の稲盛豊実らとともに鹿児島王将株式会社を設立[34][35]。同年9月に「餃子の王将」中町店をオープンさせた。

鹿児島王将は契約上隣県の宮崎県熊本県にも出店でき(ただし鹿児島県内のような出店一任協定はなく、立地条件によっては王将フードサービスの直営店やFC店との競合もあり得る)、一時は宮崎市熊本市などにも進出していたが、現在は撤退している[36]

タイの“餃子の王将”[編集]

2006年9月17日、「餃子の王将タイランド」という店がバンコクスクムウィット通りにてオープンした[37]。原材料は全てタイで調達し、日本の「餃子の王将」と全く同じ味を再現していると自称している。

この店舗は王将フードサービスの元従業員が独立して設立したコスモフーズが運営するが、王将フードサービスとは資本・提携関係はない。店のロゴや店名が「餃子の王将」と酷似しているが、王将フードサービスは日本国外で商標登録を取っていないため静観するよりなかった。

この店のサイトの会社情報には、京都からライセンス契約がある(原文は英語)とのことであったが、詳細は不明(現在は削除済み)。

メニューは日本の餃子の王将と大きく異なっており、餃子は焼き餃子ではなく、揚餃子しか出さなかった。

結局「タイ王将」として開店した。

その数ヵ月後再び「餃子の王将」としての宣伝活動をおこなう。

2007年にバンコク店は閉店。

シンガポールの“餃子の王将”[編集]

シンガポールのカッページプラザにSential Jobs Pte. Ltdが運営する「餃子の王将」がある。

Sential Jobsはシンガポールで日本料理レストランなどを展開している日系企業で、王将フードサービスと資本関係はない。

ロゴは王将フードサービスのものとは異なる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ほとんどの大阪人が『餃子の王将』と『大阪王将』を区別できる理由 / 大阪人「間違う人、おるんやー」” (日本語). ロケットニュース24 (2017年11月9日). 2020年10月31日閲覧。
  2. ^ 【週明け相場】餃子の王将の仲の悪い兄弟上場?YUCASEE 2011年06月26日17:55配信) 2017年2月19日確認
  3. ^ 餃子の王将 香里店が閉店、京都王将でお馴染みの中華料理チェーン(寝屋川新聞 2015年08月22日09:38配信) 2017年2月19日確認
  4. ^ 会社概要 | 王将フードサービス 企業・IR情報”. ir.ohsho.co.jp. 2020年10月31日閲覧。
  5. ^ 東松山工場が竣工、家庭用冷凍餃子など外販参入/王将フードサービス - 食品産業新聞社WEB
  6. ^ 社員が大事だから、店で餃子を巻くのをやめた”. プレジデントオンライン (2019年4月4日). 2019年5月9日閲覧。
  7. ^ 餃子と寿司を同時に楽しめるパラダイス、餃子の王将 八幡店に行ってきました” (日本語). GIGAZINE. 2020年10月31日閲覧。
  8. ^ “王将が回転ずし事業から完全撤退 全国唯一併設の八幡店改装”. 京都新聞. (2013年10月21日). https://web.archive.org/web/20140728061233/http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20131021000146 2013年10月22日閲覧。 
  9. ^ 撤退したはずの大連「王将」が復活!? 元関係者が立ち上げた店がオープン、 ハーバービジネスオンライン、2015年4月15日。
  10. ^ 王将、台湾に進出へ 年内に海外へ再挑戦京都新聞、2016年6月29日 12:46。
  11. ^ 超絶オシャレな「餃子の王将」、女性メインターゲットの新コンセプト店。
  12. ^ 女子向け「餃子の王将」開店。いわゆる男子向け「餃子の王将」とどう違う?
  13. ^ おいしい!早い!新しい!新業態1号店「餃子の王将Expressアトレ秋葉原店」オープンのお知らせ 2019年6月21日 株式会社王将フードサービス 公式サイト。
  14. ^ 餃子の王将 Expressアトレ秋葉原店 株式会社王将フードサービス 店舗情報。
  15. ^ 「餃子の王将」創業以来最高の伸び率 マクドナルドと対照の手法で躍進”. MONEYzine. 翔泳社 (2009年4月3日). 2013年9月21日閲覧。
  16. ^ 関東地区以外にも東京本部管轄のすすきの店やイオン桑園店(いずれも北海道札幌市内の店舗にもメニューとしてあり)
  17. ^ 「王将」の餃子は4種類の焼き方でオーダーできる! 「旅ずきんちゃん」で紹介された裏技が話題に | GetNavi web ゲットナビ
  18. ^ 【1月18日~5月31日】2019年版ぎょうざ倶楽部 お客様感謝キャンペーン開催 | お知らせ | 餃子の王将” (日本語). 株式会社王将フードサービス. 2020年10月31日閲覧。
  19. ^ 【タモリ倶楽部で話題!】餃子の王将で中国語が学べる?”. ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る. 2020年10月31日閲覧。
  20. ^ 店主「心意気や」めし代のない学生「皿洗い30分」でタダ…餃子の王将出町店の35年” (日本語). 弁護士ドットコム. 2020年11月7日閲覧。
  21. ^ a b 餃子で学生に考える力を 金欠3万人支えた王将、閉店へ:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年11月7日閲覧。
  22. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年10月11日). “「皿洗い30分で無料」の原点 今月末で閉店、京都・餃子の王将出町店” (日本語). SankeiBiz. 2020年11月7日閲覧。
  23. ^ a b 「30分皿洗いでタダ」餃子の王将「出町店」、10月いっぱいで閉店へ…店主「ケンカじゃなくて定年」” (日本語). 弁護士ドットコム. 2020年11月7日閲覧。
  24. ^ 2020年10月31日 閉店いたしました。永らくのご愛顧ありがとうございました。
  25. ^ 餃子の王将 餃子・麺の国産化のお知らせ
  26. ^ 東日本地区の店舗数は約150店舗
  27. ^ 油で転び骨折…「王将」客に100万円払い和解 読売新聞 2015年4月8日
  28. ^ 「当社店舗内での客による不適切な行為」に関するお知らせとお詫び (PDF)
  29. ^ a b “餃子の王将で客が服脱いだ画像、ネット掲載”. Yahoo!ニュース. 読売新聞 (Yahoo Japan). (2013年9月3日). オリジナルの2013年9月3日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130903141130/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130903-00001130-yom-soci 2013年9月4日閲覧。 
  30. ^ “餃子の王将で裸撮影した客「店の許可得た」”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2013年9月4日). オリジナルの2013年9月4日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130904064714/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130903-OYT1T01366.htm 2013年9月4日閲覧。 
  31. ^ “「王将」で全裸写真、男性客2人逮捕 公然わいせつ容疑”. gooニュース. 朝日新聞デジタル (goo). (2013年10月7日). オリジナルの2013年10月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131011041204/http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/OSK201310070027.html 2013年10月7日閲覧。 
  32. ^ 「当社従業員による不適切な行為」に関するお詫び (PDF)
  33. ^ “【客を呼ぶ!フードビジネス最前線】「大阪王将」イートアンド社長・文野直樹さん(上)”. ZAKZAK (産経デジタル). (2009年12月7日). オリジナルの2013年5月1日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/nK1L1 
  34. ^ 2018年10月19日放送の鹿児島読売テレビ「かごピタ」
  35. ^ 『鹿児島餃子の王将~』” (日本語). 自由きままなブログ. 2020年4月30日閲覧。
  36. ^ 現在熊本市内で展開する餃子の王将は、王将フードサービスの直営またはFCである。
  37. ^ 【タイ】“餃子の王将”出店へ、「偽物」と波紋/NNA.ASIA”. web.archive.org (2011年12月17日). 2020年6月12日閲覧。

関連項目[編集]