養儼院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

養儼院(ようげんいん、慶長2年(1597年) - 寛永2年3月28日1625年5月4日))は、徳川家康側室駿河今川氏の家臣・黒田直陣の娘。お六の方と称した。

生涯[編集]

お勝の方の部屋子を経て、徳川家康の側室となり、慶長19年(1614年)の大坂冬の陣にも供奉した。元和2年(1616年)に家康が死去すると出家して養儼院と号し、田安比丘尼屋敷に住んだ。後に喜連川義親に嫁ぐ。しかし寛永2年(1625年)3月28日、家康の法事で日光東照宮を参詣した際に急死した。享年29。法名は養儼院鑑譽心光大姉

養儼院を主人公とする小説[編集]

  • 諸田玲子『仇花』2003年 光文社 光文社文庫)

参考文献[編集]

  • 「幕府祚胤伝」(『徳川諸家系譜』2巻)