饒村曜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

饒村 曜(にょうむら よう、1951年 - )は、気象予報士文筆家

新潟県生まれ。1973年新潟大学理学部卒業。気象庁に入り、気象庁予報課予報官、企画課調査官を経て、95年阪神大震災のときは神戸海洋気象台予報課長。その後、気象庁統計室補佐官、企画課技術開発調整官、海洋気象情報室長、福井・和歌山・静岡地方気象台長などを経て東京航空地方気象台長で退官。気象予報士で減災コンサルタント。[1]

著書[編集]

  • 『台風物語 記録の側面から』日本気象協会編 クライム気象図書出版部 1986
  • 『続・台風物語 記録の側面から』日本気象協会 1993
  • 『防災担当者の見た阪神・淡路大震災』日本気象協会 1996
  • 『イラストでわかる天気のしくみ 気象現象の基礎知識と観測から天気予報の実際まで』新星出版社 1998
  • 『気象のしくみ』日本実業出版社 入門ビジュアルサイエンス 2000
  • 『図解地震のことがわかる本 大地震は突然やってくるのか?』新星出版社 2000
  • 『お天気用語事典』新星出版社 2002
  • 『気象災害の予測と対策』オーム社 2002
  • 『台風と闘った観測船』成山堂書店 気象ブックス 2002
  • 『気象予報士過去問徹底攻略 この一冊で決める!!』新星出版社 2005
  • 『気象予報士完全合格教本 ここが出る!!』新星出版社 2005
  • 『海洋気象台と神戸コレクション 歴史を生き抜いた海洋観測資料』成山堂書店 気象ブックス 2010
  • 『静岡の地震と気象のうんちく』静岡新聞社 静新新書 2010
  • 『お天気ニュースの読み方・使い方』新田尚監修 オーム社 2012
  • 『大人の算数・数学再学習 小中高12年』オーム社 2012
  • 『大気現象と災害』近代消防社 2012
  • 東日本大震災 日本を襲う地震と津波の真相』近代消防社 近代消防ブックレット 2012
  • 『最新図解PM2.5と大気汚染がわかる本』オーム社 2013
  • 『天気と気象100 一生付き合う自然現象を本格解説』オーム社 2014
  • 『最新図解特別警報と自然災害がわかる本』オーム社 2015

共編著[編集]

  • 『雨と風の事典』編 クライム 2004
  • 『いちばん!の図鑑』今泉忠明,岡島秀治,真鍋真,湯浅浩史共監修 学研教育出版 ニューワイド学研の図鑑i 2010
  • 『なぜ?の図鑑』阿部和厚,猪郷久義,今泉忠明,大場達之,岡島秀治,小宮輝之,真鍋真,吉川真共監修 学研教育出版 ニューワイド学研の図鑑i 2012
  • 『謎の図鑑』阿部和厚,猪郷久義,今泉忠明,大場達之,岡島秀治,小宮輝之,竹内龍人,松原聰,真鍋真,吉川真共監修 学研教育出版 ニューワイド学研の図鑑i 2013

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『最新図解特別警報と自然災害がわかる本』著者紹介