首位打者 (台湾プロ野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

首位打者しゅいだしゃ)は、台湾中華職業棒球大聯盟タイトルの一つ。台湾では打撃王と呼ばれ、台湾人に首位打者を聞いたら先頭打者を意味しているかと勘違いさせてしまうので注意が必要。

概説[編集]

規定打席に達した打者の中で、打率が最も高い選手に与えられる。

歴代首位打者[編集]

年度 名前 所属 打率
1990
(職棒1年)
王光輝 兄弟 .342
1991
(職棒2年)
鷹俠
(Luis Iglesias)
三商 .331
1992
(職棒3年)
卡羅
(Juan Castillo)
統一 .326
1993
(職棒4年)
曾貴章 時報 .337
1994
(職棒5年)
康雷
(Angel Gonzalez)
三商 .360
1995
(職棒6年)
康雷
(Angel Gonzalez)
三商 .354
1996
(職棒7年)
路易士
(Luis Santos)
兄弟 .375
1997
(職棒8年)
徳伍
(Robert Wood)
兄弟 .373
1998
(職棒9年)
怪力男
(Jay Kirkpatrick)
興農 .387
1999
(職棒10年)
洪啓峰 和信 .333
2000
(職棒11年)
黄忠義 興農 .354
2001
(職棒12年)
羅敏卿 統一 .357
2002
(職棒13年)
陳健偉 中信 .334
2003
(職棒14年)
彭政閔 兄弟 .355
2004
(職棒15年)
彭政閔 兄弟 .376
2005
(職棒16年)
彭政閔 兄弟 .339
2006
(職棒17年)
陳冠任 兄弟 .349
2007
(職棒18年)
陳金鋒 La new .382
2008
(職棒19年)
彭政閔 兄弟 .391
2009
(職棒20年)
潘武雄 統一 .367
2010
(職棒21年)
彭政閔 兄弟 .357
2011
(職棒22年)
張正偉 兄弟 .351
2012
(職棒23年)
潘武雄 兄弟 .388
2013
(職棒24年)
林益全 義大 .357
2014
(職棒25年)
胡金龍 義大 .350
2015
(職棒26年)
胡金龍 義大 .383
2016
(職棒27年)
王柏融 Lamigo .414
2017
(職棒28年)
王柏融 Lamigo .407
2018
(職棒29年)
陳俊秀 Lamigo .375
2019
(職棒30年)
林立 Lamigo .389
2020
(職棒31年)
陳傑憲 統一 .359

関連項目[編集]