首里手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

首里手(しゅりて、スイディー)とは、琉球王国から発展したという唐手(からて、現・空手)の一系統。琉球王府のあった首里に住む、首里士族によって継承・発展してきたものである。

概要[編集]

沖縄県では、琉球王国時代には唐手の流派というものは存在せず、主に唐手が盛んな三地域の地名を冠して、首里手、泊手那覇手の三大系統に大きく分類される。ただし、「首里手」という用語そのものは、泊手や那覇手とともに、主に戦後になって使用されはじめたと考えられており、大正時代や昭和初期の船越義珍本部朝基といった大家の文献には、それらの用語そのものを見いだすことはできない。

たとえば、船越義珍は唐手の系統を「昭林流」と「昭霊流」の二派に分けて解説しており[1]、昭林流を首里手、昭霊流を那覇手と解釈する向きも今日あるが、しかし船越自身は、たとえば首里手の基本型であるピンアンを昭林流、ナイハンチを昭霊流に分類するなど、地域的な分類にはこだわっていない。

本部朝基は、「古来、琉球に伝はれる唐手は首里・那覇・泊の三大系統に大別することが出来る」と[2]、地域的な特徴があったことは認めているが、首里手等の用語はまだ使用していない。また、この分類も流儀のような厳密な意味ではなく、あくまで概略的なものであり、たとえば同じ首里出身の松村宗棍とその弟子・糸洲安恒の間にも武術的な相違があったと述べている[3]

今日一般に、首里手は柔軟性重視、那覇手は筋骨重視が特徴と言われている。泊手は首里手とさほど変わらなかったらしい。本部によれば、古来首里では「六分の力でもって習練し、ひたすら敏活を旨とした」のに対して、那覇では「十分の力を傾注し、専ら、筋骨の発達に意を用ひた」としている[4]

首里手の代表的な型(形)には、ナイファンチ、パッサイ(抜塞:バッサイ)、クーサンクー(公相君)などがある。松村宗棍はナイファンチ、クーサンクー、五十四歩のみを教伝していたと言われている。

首里手の代表的な空手家としては、佐久川寛賀松村宗棍糸洲安恒安里安恒本部朝勇本部朝基兄弟、屋部憲通花城長茂大城朝恕船越義珍喜屋武朝徳知花朝信、城間真繁、摩文仁賢和遠山寛賢などがいる。

首里手の流れを汲む空手の流派としては、松濤館流錬武会流和道流糸東流本部流小林流、松林流、少林寺流、少林流などがある。

首里手の系統図[編集]

Shurite.gif

脚注[編集]

  1. ^ 富名腰義珍『琉球拳法・唐手』武侠社、1922年、5頁参照。
  2. ^ 本部朝基『私の唐手術』東京唐手普及会、1932年、2頁参照。
  3. ^ 本部朝基『私の唐手術』東京唐手普及会、1932年、20-22頁参照。
  4. ^ 本部朝基『私の唐手術』東京唐手普及会、1932年、2頁参照。