首里駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
首里駅
Shuri-Station-Building-2020.jpg
首里駅(2020年2月12日撮影)
しゅり
Shuri
14 儀保 (1.0km)
(0.9km) 石嶺 16
所在地 沖縄県那覇市首里汀良町三丁目19
駅番号 15
所属事業者 沖縄都市モノレール
所属路線 沖縄都市モノレール線(ゆいレール)
キロ程 12.9km(那覇空港起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
3,671人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 2003年平成15年)8月10日
テンプレートを表示

首里駅(しゅりえき)は、沖縄県那覇市首里汀良町三丁目にある、沖縄都市モノレール線(ゆいレール)のである。駅番号15

計画当時の仮称は「汀良駅(てらえき)」であった。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する高架駅である。開業時から2019年8月までは1番線は使用されておらず、2番線のみを使用して那覇空港駅方面に折り返していた。2019年9月には降車専用として1番線の運用を開始した。

2019年(令和元年)10月1日てだこ浦西駅延伸開業後は、平日の朝ラッシュ時には当駅で折り返す列車が設定され[2]、直接2番線に入線し折り返す。

のりば[編集]

首里駅プラットホーム
番線 路線 方向 行先
1 沖縄都市モノレール線 下り てだこ浦西方面
2 上り おもろまち牧志県庁前小禄那覇空港方面

駅設備[編集]

  • 売店 - 改札外横にコーヒーショップ(35 COFFEE SHOP)がある[6]
  • コインロッカー - 改札内に設置。
  • ATM - 改札内
  • 外貨両替機 - 改札内
  • 公衆電話 - 改札内に設置。
  • 自動販売機(飲料)
  • トイレ - 改札内に設置。
  • 駐輪場 - 駅北側にある。無料。

利用状況[編集]

2018年(平成30年)度の1日平均乗車人員3,671人である[7]

開業後の1日平均乗降人員および乗車人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 1日平均
乗降人員[8]
1日平均
乗車人員[8]
出典
2003年(平成15年) 6,829 3,386 [* 1]
2004年(平成16年) 5,788 2,981 [* 2]
2005年(平成17年) 6,211 3,150 [* 3]
2006年(平成18年) 6,287 3,172 [* 4]
2007年(平成19年) 6,410 3,191 [* 5]
2008年(平成20年) 6,375 3,126 [* 6]
2009年(平成21年) 5,835 2,939 [* 7]
2010年(平成22年) 5,814 2,933 [* 8]
2011年(平成23年) 5,988 3,049 [* 9]
2012年(平成24年) 6,262 3,179 [* 10]
2013年(平成25年) 6,386 3,214 [* 11]
2014年(平成26年) 6,354 3,179 [* 12]
2015年(平成27年) 6,737 3,366 [* 13]
2016年(平成28年) 7,091 3,542 [* 14]
2017年(平成29年) 7,205 3,599 [* 15]
2018年(平成30年) 3,671

駅周辺[編集]

首里りうぼう

駅周辺には学習塾・進学塾が多い。

バス路線[編集]

首里駅前バス停(徒歩1分)

  • 1番・首里牧志線 (那覇バス
  • 7番・首里城下町(久茂地)線 (沖縄バス
  • 8番・首里城下町線 (沖縄バス)
  • 14番・牧志開南循環線 (那覇バス)
  • 16番・新川首里駅線 (那覇バス) ※南側バス停は乗車のみ、北側バス停は降車のみ
  • 18番・首里駅線 (沖縄バス) ※南側バス停のみ停車
  • 46番・糸満西原(鳥堀)線 (那覇バス)
  • 94番・首里駅琉大快速線 (那覇バス)
  • 那覇市内観光周遊バス (那覇バス) ※南側バス停のみ停車
  • イオン南風原ショッピングセンター行きシャトルバス ※南側バス停のみ停車

鳥堀バス停(徒歩5分)

  • 16番・新川首里駅線 (那覇バス)
  • 18番・首里駅線 (沖縄バス) ※片側バス停(那覇バスターミナル行き)のみ停車
  • 191番・城間(一日橋)線 (東陽バス

鳥堀一丁目バス停(徒歩5分)

  • 1番・首里牧志線 (那覇バス)
  • 8番・首里城下町線 (沖縄バス)
  • 14番・牧志開南循環線 (那覇バス)
  • 17番・石嶺(開南)線 (那覇バス)
  • 46番・糸満西原(鳥堀)線 (那覇バス)

備考[編集]

2005年(平成17年)1月には、モノレールで当駅から乗り継ぐとコミュニティバス(石嶺・首里城みぐい線)(現・8番・首里城下町線)の運賃を50円に割引く実証実験が行われた。

その他[編集]

  • 発車メロディ(当駅始発列車のみ)および駅到着時の車内チャイムは、沖縄の童謡「赤田首里殿内(あかたすんどぅんち)」を編曲したものが流れる。発車メロディで流れるものは後半部分が省略された短縮版となっている。
  • 改札付近での沖縄方言による案内放送では「すい」と発音される。

隣の駅[編集]

沖縄都市モノレール
沖縄都市モノレール線(ゆいレール)
儀保駅 (14) - 首里駅 (15) - 石嶺駅(16)

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

出典[編集]

  1. ^ “来月20日から「オキカ」稼働 モノレールのIC乗車券”. 琉球新報. (2014年9月1日). オリジナルの2018年11月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181101015316/https://ryukyushimpo.jp/news/prentry-230943.html 2017年12月2日閲覧。 
  2. ^ a b “ゆいレール延長区間の開業は10月1日 首里駅折り返し便も”. 琉球新報. (2019年5月23日). オリジナルの2019年5月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190523020321/https://ryukyushimpo.jp/news/entry-923140.html 2019年5月23日閲覧。 
  3. ^ “「Suica」サービスを開始します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 沖縄都市モノレール, (2020年2月20日), オリジナルの2020年2月20日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200220044719/https://www.yui-rail.co.jp/common/uploads/656e84ca9c8c145822f3427adab4d2e8-1.pdf 2020年3月12日閲覧。 
  4. ^ “Suica、「ゆいレール」での使用始まる 国内外の観光客に便利に”. 沖縄タイムス. (2020年3月10日). オリジナルの2020年3月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200310231333/https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/545305 2020年3月12日閲覧。 
  5. ^ “ゆいレールでSuicaの利用開始 那覇空港駅で記念セレモニー 「シームレスに乗車できるように」”. 琉球新報. (2020年3月10日). オリジナルの2020年3月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200310230629/https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1087706.html 2020年3月12日閲覧。 
  6. ^ SHOP LIST - 35COFFEE
  7. ^ 駅別乗客数 年度比較表(1日当り平均) (PDF)”. 沖縄県. 2020年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月21日閲覧。
  8. ^ a b 駅別乗降客数 (PDF) - ゆいレール

利用状況[編集]

  1. ^ 沖縄県統計年鑑 - 沖縄県
  2. ^ 那覇市統計書 - 那覇市
那覇市統計書

関連項目[編集]