首露王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
首露王
金官伽倻
初代国王
Suro Tomb.JPG
金海市の首露王陵
王朝 金官伽倻
在位期間 42年 - 199年,162年 - 199年
姓・諱
首露
廟号 太祖
生年 42年3月3日,121年?
没年 199年3月20日,199年3月23日
天神夷毗訶之
正見母主
后妃 許王后(許黄玉
陵墓 首露王陵
慶尚南道金海市に所在)
首露王
各種表記
ハングル 수로왕
漢字 首露王
発音 スロワン
日本語読み: しゅろおう

首露王(しゅろおう、수로왕)は、金官加羅国の始祖と伝えられている古代朝鮮半島の王で、金海金氏の始祖。首露王は158年間国を治めたとも伝えられている。妃はサータヴァーハナ朝の王女と伝わる許黄玉。ただし、首露王についての記述は金官加羅国滅亡の500年ほど後に書かれた駕洛国記が本となっているため史実か判断が難しい。伝説ではクジボン(クジの岳)に降臨したと言う。金官加羅国には須恵器に影響を与えた土器が発掘されている。

出生神話[編集]

三国遺事』に抄録された『駕洛国記』(『駕洛国記』自体は逸書)によれば、亀旨峰(クジの岳)の6個の金の卵から、42年3月3日に首露王が生まれた[1]とされる。また、このとき1人ではなく5人の王子とともに6つ子として卵から孵って、九干たちに育てられたとされているこの年代に、首露王を中心とした国家連合(六加耶連合、後の新羅の複伽耶会)が成立したと見なしている。金官国伽倻は『魏志倭人伝』には狗邪韓国(くやかんこく)と伝えられる国である。

首露王は金の卵から生まれたという伝説により金姓[2]を名乗る。朝鮮の始祖もしくは神話上の王とされている人々は、高句麗東明聖王、新羅の赫居世居西干脱解尼師今など、卵から生まれたとする卵生説話を持つものが多い。これは、卵が神聖なものであったというものからきている。

新増東国輿地勝覧』には加耶山の女神である正見母主と天神『夷毗訶之』(イビガジ)から(悩窒朱日・内珍朱智)が生まれ、その内珍朱智が首露王だと記録されている。首露王の兄が大加耶を建国したというの内容を通じて、大伽耶が六加耶連合の盟主だった時に作られた神話と見る説もある。

三国史記』の金庾信列伝によると、新羅の武将・金庾信は金官加羅国の王家の子孫であり、首露王は黄帝の子・少昊(金天氏)の子孫であるという。

王陵[編集]

慶尚南道金海市に所在している。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 同年3月15日に即位し、金官伽倻を建国したとされる。
  2. ^ 新羅の金氏王統慶州金氏の始祖金閼智と同じ姓であるが、こちらは金の箱から生まれ出でたとの誕生説話をもつ。

参考文献[編集]