天香具山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

天香久山
標高 152.4m
位置 北緯34度29分45秒
東経135度49分06秒
所在地 奈良県橿原市
  

天香久山(あまのかぐやま、あめのかぐやま)は、奈良県橿原市にある山。畝傍山耳成山とともに大和三山と呼ばれる。標高は152.4メートルと三山の中で最も低く[1]、山というよりは丘の印象であるが、古代から「天」という尊称が付くほど、最も神聖視された。

概要

太古の時代には多武峰から続く山裾の部分に当たり、その後の浸食作用で失われなかった残り部分といわれている。 表記が「天香山」と「天香山」の二通りあるが、国土地理院地図や橿原市では「天香久山」又は「香久山」を公式に使用しており、西日本旅客鉄道桜井線にある駅も香久山駅である[2]

古来万葉集などで歌われてきた。万葉集には単独で9首詠まれている。

「大和には、群山あれど とりよろふ 天の香具山 登り立ち 国見をすれば国原は 煙り立ち立つ 海原は かまめ立ち立つ うまし国ぞ あきづ島 大和の国は (巻1-2)
「春過ぎて夏来たるらし白たへの衣干したり天香具山」(巻1-28)

膳(かしわで)氏の本拠地にして、聖徳太子妃、膳大郎女(かしわでのおおいらつめ)の生家である。山の北の地名は膳夫町(かしわてちょう)である。

関連項目

  • カグツチ(迦具土、加具土)- 天香具山の香具やかぐや姫の語源とも言われる。
  • 高倉下 - 別名の一つは天香具山命。

脚注

  1. ^ 三角点ではなく標高点の標高
  2. ^ なお、この山の最寄駅は、近鉄大阪線耳成駅の方がわずかに近い。

今日は何の日(8月21日

もっと見る

「香具山」のQ&A