香川政夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
かがわ まさお
香川 政夫
生誕 (1955-06-08) 1955年6月8日(65歳)
大阪府大阪狭山市
国籍日本の旗 日本(1982年に取得[1]
職業武道家
団体日本空手松涛連盟
流派松濤館流
肩書き首席師範
許政夫
各種表記
ハングル 허정웅
漢字 許政夫
発音: ホ・ジョンウン
日本語読み: きょ まさお
テンプレートを表示

香川 政夫(かがわ まさお、民族名:許 政夫(ホ・ジョンウン、허 정웅)、1955年昭和30年〉6月8日 - )は、大阪府出身の空手家。全日本空手道連盟公認八段。日本空手松涛連盟九段・首席師範。帝京大学空手道部師範[2]

経歴[編集]

第1回IBUSZワールドカップ団体形の部優勝、第28回全国空手道選手権大会日本空手協会 (JKA) )組手の部、形の部ダブル優勝、第3回松濤杯世界空手道選手権大会 (JKA) 組手の部優勝[3]

現在では、帝京大学空手道部師範のかたわら日本空手松涛連盟の首席師範を務めるとともに、世界空手連盟 (WKF) 技術委員委員長、全日本空手道連盟 (JKF) ナショナルチームのコーチ、監督、強化委員会委員長などを歴任し、世界各国で空手道の指導・普及に当たっている[4]

不祥事[編集]

2021年3月24日、2020東京オリンピックの組手競技代表内定者であり帝京大学での教え子にあたる植草歩に対し、2020年頃より自尊心を傷つけたり植草の存在を否定するような言動をするなどのパワーハラスメント行為を行なってきた問題が浮上。28日には植草が事の顛末をブログで説明し[5]、ネットニュースでも大きく取り沙汰される[6]

同月31日に全日本空手道連盟(全空連)が弁護士・外部有識者・全空連理事が各2人ずつの計6人で構成される倫理委員会を開き、香川と植草から事情聴取を行った[7]。その結果、全空連は香川が竹刀を用いた練習により植草に「左眼球打撲傷」などの負傷をさせた事実を認定。倫理委員会は声明のなかで「竹刀を用いた練習は大変危険であり、どの練習においても全く認められるものではありません」としており、香川の処分は4月の理事会で審議されることになった[8]。処分決定まで香川の全空連での活動は停止となった[9][10]。 また、植草が香川を傷害容疑で刑事告訴する方針であることが同月31日までに分かった[11][12]

4月7日、香川は全日本空手道連盟に対し、同連盟理事の辞任届を提出。4月9日、全空連は臨時理事会を開き、香川の選手強化委員長の解任と理事職の辞任を決議した[13]。理事会後に取材に応じた香川は「私の不徳の致すところ」と謝罪。「目を突いたとか故意でやったということは決してない」と弁明した。 一方、植草側は、倫理委員会で一連の騒動の事実関係が認められたことなどから、傷害容疑での刑事告訴については見送る判断を下した。

4月16日、全日本空手道連盟は、植草側が香川からパワハラ行為を受けたなどと訴えた問題で、パワハラ認定しなかったと公式サイトに掲載した文書で明らかにした[14]

受賞歴[編集]

  • 2013年度ミズノ スポーツメントール賞[15]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 官報「昭和57年12月17日第16765号」
  2. ^ 達人・名人・秘伝の師範たち - WEB秘伝(2018年07月10日)
  3. ^ 首席師範紹介
  4. ^ 『技を極める空手道』(ベースボールマガジン社、2007年11月1日発売、ISBN 9784583100500)166頁。
  5. ^ 植草歩『ご報告』” (日本語). 植草歩のうえちゃんオフィシャルブログ Powered by Ameba(2021年3月28日). 2021年3月31日閲覧。
  6. ^ 空手の練習で竹刀、植草歩選手「目を負傷」。 暴力的な指導や怒鳴られる被害をブログで告白” (日本語). ハフポスト (2021年3月29日). 2021年3月31日閲覧。
  7. ^ 植草歩がパワハラ問題で聴取終え「きちんとお話してきました」法的措置も検討か” (日本語). スポーツ報知 (2021年3月31日). 2021年3月31日閲覧。
  8. ^ 空手の五輪メダル候補・植草歩の訴え認められる 香川強化委員長が竹刀を用いた練習で負傷:中日スポーツ・東京中日スポーツ” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ(2021年3月31日). 2021年3月31日閲覧。
  9. ^ 植草歩の弁護人「迅速な結論出た」空手パワハラ騒動 - スポーツ : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2021年3月31日). 2021年3月31日閲覧。
  10. ^ 植草歩選手へのパワーハラスメントなどの事案について | 公益財団法人 全日本空手道連盟” (日本語) (2021年3月31日). 2021年4月1日閲覧。
  11. ^ 共同通信 (2021年3月31日). “植草選手、傷害容疑で強化委員長を告訴へ | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2021年3月31日閲覧。
  12. ^ 空手の植草歩選手が刑事告訴へ/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online(2021年3月31日). 2021年3月31日閲覧。
  13. ^ 4月9日の第29回理事会の決議結果について(4/15追記) | 公益財団法人 全日本空手道連盟” (日本語) (2021年4月9日). 2021年4月16日閲覧。
  14. ^ 選⼿強化委員⻑に対する処分の件についてご説明” (日本語). 2021年4月16日閲覧。
  15. ^ 「2013年度ミズノスポーツメントール賞」受賞者決定