香川県立医療短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
香川県立医療短期大学
大学設置/創立 1999年
廃止 2007年
学校種別 公立
設置者 香川県
本部所在地 香川県高松市牟礼町原字山田281番地1
学部 看護学科
臨床検査学科
研究科 地域看護学専攻
助産学専攻
テンプレートを表示

香川県立医療短期大学(かがわけんりついりょうたんきだいがく、英語: Kagawa Prefectural College of Health science)は、香川県高松市牟礼町原字山田281番地1に本部を置いていた日本公立大学である。1999年に設置され、2007年に廃止された。大学の略称は医短または香医短。学生募集は2003年度まで。2004年度より香川県立保健医療大学の設置により短期大学は学生募集を停止し、2007年3月31日廃止[1]

概要[編集]

大学全体[編集]

教育および研究[編集]

  • 香川県立医療短期大学は医療技術者の養成に力をいれていた。香川県臨床検査専門学校の伝統を受け継いでいることから考えるととりわけ、臨床検査技師の養成には実績があったものとみられる。

学風および特色[編集]

  • 香川県立医療短期大学の設置は1999年と、以後日本では公立短大の設置がみられていないことから、事実上全国の公立短大では最も新しいものとなっている。
  • 1学年定員が70名と至って小規模であった。

沿革[編集]

  • 19**年 香川県臨床検査専門学校を設置。
  • 1999年 香川県立医療短期大学開学。
    • 看護学科:入学定員50人
    • 臨床検査学科:入学定員20人
  • 2002年 専攻科設置。
    • 地域看護学専攻:1年制入学定員30人
    • 助産学専攻:1年制入学定員20人
  • 2003年度をもって学生受け入れを終了[2]
  • 2007年3月 閉学[1]。最後の修了生となる専攻科の学生が卒業。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

象徴[編集]

  • 香川県立医療短期大学のカレッジマークは香川県の県花であるオリーブの形がモチーフにされていた。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 看護学科
  • 臨床検査学科

専攻科[編集]

  • 地域看護学専攻
  • 助産学専攻

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

資格

年度別学生数[編集]

  • 数値はその該当年度の5月1日時点でのデータである。
- 看護学科 臨床検査学科 出典
入学定員 50 20 -
総定員 150 60 -
1999年 女50 男2
女18
[3]

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

  • 原岡昭一:開学から閉学まで8年間学長を勤めた。

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • キャンパスは、香川県道高松志度線に接しており、その県道を挟んだ東側にグラウンドがあった[4]
  • 設備:講義棟・厚生棟・実習棟・体育館などがあった[4]

学生食堂[編集]

  • 香川県立医療短期大学の学生食堂(学食)は、厚生棟と呼ばれる建物の2階にあった[4]

[編集]

  • 香川県立医療短期大学には学生寮は存在しなかった[4]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

  • ほぼ、全員が専門職に就いているものとみられる。

編入学・進学実績[編集]

  • 看護学科の卒業生は、香川県立医療短期大学専攻科に進学していたものとみられる。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』254頁より。
  2. ^ 専攻科は2005年度までの募集
  3. ^ 2000年度版『総覧』58頁
  4. ^ a b c d e 2000年度用入学案内冊子より一部引用。
  5. ^ 香川県立図書館に一部所蔵あり。

関連項目[編集]

関連サイト[編集]