香川県立坂出商業高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
香川県立坂出商業高等学校
香川県立坂出商業高等学校
過去の名称 綾歌郡立綾歌商業学校
香川県立坂出商業学校
香川県立坂出高等学校
香川県立坂出商工高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 香川県の旗 香川県
学区 第2学区
校訓 誠実・勤勉・礼節
設立年月日 1914年大正3年)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 商業科
情報技術科
学期 3学期制
高校コード 37115H
所在地 762-0037
香川県坂出市青葉町1番13号
北緯34度18分28.64秒 東経133度51分13.22秒 / 北緯34.3079556度 東経133.8536722度 / 34.3079556; 133.8536722座標: 北緯34度18分28.64秒 東経133度51分13.22秒 / 北緯34.3079556度 東経133.8536722度 / 34.3079556; 133.8536722
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
香川県立坂出商業高等学校の位置(香川県内)
香川県立坂出商業高等学校

香川県立坂出商業高等学校(かがわけんりつ さかいでしょうぎょうこうとうがっこう, Kagawa Prefectural Sakaide Commercial High School)は、香川県坂出市青葉町に所在する公立商業高等学校。通称「坂商(さかしょう)」。

概要[編集]

歴史
1901年明治34年)、綾歌郡坂出町(現・坂出市)に香川県立商業学校が開校したが、同校は1912年(明治45年)に高松市立商業学校と統合した後、高松市に移転した(現・香川県立高松商業高等学校[1]。移転した香川県立商業に代わり、1914年(大正3年)に設立された「綾歌郡立綾歌商業学校」が本校の前身である。その後幾度かの改編・改名を経て1953年(昭和28年)4月より現校名。2014年平成26年)に創立100周年を迎える。
設置課程・学科
全日制課程 2学科
校訓
「誠実」「勤勉」「礼節」
この3つの頭文字から取った「セキレ」という言葉がキャッチフレーズのように使われる。

沿革[編集]

香川県立坂出商業学校
(現・坂出市郷土資料館)

商業学校時代

  • 1914年(大正3年)
    • 3月27日 - 「綾歌郡立綾歌商業学校」の設立が認可される。
    • 4月14日 - 入学式を挙行。139名の入学が許可される。またこの日を開校記念日に制定。
  • 1922年(大正11年)4月1日 - 香川県に運営が移管され、「香川県立坂出商業学校」と改称。
  • 1931年昭和6年)- 校歌を制定。
  • 1932年(昭和7年)4月 - 校訓を制定。
  • 1944年(昭和19年)4月1日 - 「教育ニ関スル戦時非常措置方策[2]により、「香川県立坂出造船工業学校」に転換。
  • 1946年(昭和21年)4月1日 - 終により、「香川県立坂出商業学校」に戻る。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施)により、新制中学校を併設(以下・併設中学校)。
    • 商業学校としての生徒募集を停止。
    • 商業学校1・2年修了者を新制中学2・3年生として併設中学校に収容。3・4年修了者はそのまま商業学校の4・5年生となる。
    • 併設中学校は暫定的に設置されたため、新制でありながら新たに生徒募集は行わず、在校生が2・3年生だけの中学校であった。

新制商業高等学校

  • 1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革(六・三・三制の実施)により、商業学校は廃止され、新制高等学校香川県立坂出高等学校」が発足。
    • 全日制課程2学科(商業科・普通科)と定時制課程3学科(商業科・工業科・普通科)を設置。
    • 商業学校の卒業生(希望者)を新制高校3年、4年修了者を新制高校2年として編入させる。併設中学校卒業生を新制高校1年として収容。
    • 併設中学校の在校生が3年生(1946年(昭和21年)4月卒業生)のみとなる。
  • 1949年(昭和24年)
    • 3月31日 - 最後の卒業生を送り出し、併設中学校を廃止。
    • 4月1日 - 高校三原則に基づき香川県内公立高等学校の再編が行われる。
      • 全日制課程1学科(商業科)が香川県立坂出工業高等学校と統合され、「香川県立坂出商工高等学校」が発足。
      • 全日制課程1学科(普通科)と定時制課程3学科(商業科・工業科・普通科)は香川県立坂出女子高等学校と統合され、総合制高等学校「香川県立坂出高等学校」が発足。
  • 1951年(昭和26年)4月1日 - 香川県立坂出高等学校より定時制課程2学科(商業科・工業科)が移管される。
  • 1953年(昭和28年)4月1日 - 工業科と商業科が分離しそれぞれ「香川県立坂出商業高等学校」(現校名)と香川県立坂出工業高等学校(再)として独立。
    • 香川県立坂出商業高等学校の校舎は坂出市福江町に新設される。
  • 1959年(昭和34年)4月30日 - 体育館が完成。
  • 1963年(昭和38年)5月22日 - 鉄筋コンクリート造3階建ての西校舎が完成。
  • 1964年(昭和39年)12月24日 - 西校舎を増築。
  • 1966年(昭和41年)5月13日 - 武道場(柔道場)が完成。
  • 1968年(昭和43年)
  • 1970年(昭和45年)
  • 1972年(昭和47年)
    • 1月31日 - 西校舎に商業美術室、計算実務室、簿記機械実習室、普通教室5教室を増築。これにより4階建てとなる。
    • 12月25日 - 本館が完成。
  • 1973年(昭和48年)3月31日 - 定時制課程を廃止。
  • 1975年(昭和50年)3月31日 - 南校舎が完成。
  • 1978年(昭和53年)3月1日 - 新校旗が完成。
  • 1979年(昭和54年)
  • 1982年(昭和57年)3月13日 - 東校舎(音楽教室・食堂)が完成。
  • 1987年(昭和62年)
    • 3月20日 - 西新校舎(図書室・講義室・情報処理実習室)が完成。
    • 4月1日 - 情報処理科を設置。
    • 4月6日 - コンピュータ始動式を挙行。
  • 1989年
    • (昭和64年)1月7日 - 第二雨天練習場が完成。
    • (平成元年)3月27日 - 部室が完成。
  • 1990年(平成2年)3月31日 - テニスコートを新設。
  • 1991年(平成3年)8月26日 - 新体育館が完成。
  • 1993年(平成5年)9月22日 - 坂商デパート(現・坂商フェア「セキレ」)が開業。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 情報技術科を新設。
  • 2006年(平成18年)2月8日 - マルチメディア実習室・総合実践室・システム実習室を整備。
  • 2009年(平成21年)3月5日 - 弓道場を改築。
  • 2010年(平成22年)3月 - 情報処理科の生徒募集を停止。
  • 2012年(平成24年)3月31日 - 情報処理科を廃止。

部活動[編集]

運動部

文化部

学校行事[編集]

模擬デパート「セキレ」
商業高校の特性を活かし社会体験学習として、1993年(平成5年)より毎年冬にを開催している文化祭。生徒一人一人に対し模擬株式を発行して模擬株式会社を設立し、商品の仕入れから販売、決算まで運営を生徒達自らで行っている。商品販売だけでなく、クラブ活動の発表やイベントなども行われている。2008年(平成20年)までは校内で実施されていたが、2009年(平成21年)より地元商店街を会場として開催している[3]

著名な出身者[編集]

交通・アクセス方法[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 統合後に香川商業本校は高松に移転し、坂出には分教場が残されていたが翌年に廃止。
  2. ^ 1943年(昭和18年)10月12日閣議決定
  3. ^ 商店街に人出戻る/坂出商高の模擬デパート四国新聞2009年12月13日

関連項目[編集]