香川県立高等技術学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
香川県立高等技術学校
Gthumb.svg
公共/認定 公共職業訓練
訓練の種類 普通職業訓練
施設の種類 職業能力開発校
設置者 香川県
所在地 高松校舎
香川県高松市郷東町字新開587番地1
丸亀校舎
香川県丸亀市港町307番地
北緯34度21分4.6秒東経134度1分13.7秒座標: 北緯34度21分4.6秒 東経134度1分13.7秒
訓練課程 普通課程
短期課程
ウェブサイト 香川県立高等技術学校公式サイト
テンプレートを表示

香川県立高等技術学校(かがわけんりつ こうとうぎじゅつがっこう)は、香川県高松市及び丸亀市にある職業能力開発促進法に基づく職業能力開発校である。

概要[編集]

2011年(平成23年)4月1日に旧香川県立高松高等技術学校及び丸亀高等技術学校が統合され、香川県立高等技術学校となった。このため、当校は1校2キャンパス制であり、旧校の施設を流用した高松校舎と丸亀校舎で職業訓練等が行われている。

沿革[編集]

  • 2011年(平成23年)4月1日 - 香川県立高松高等技術学校及び香川県立丸亀高等技術学校を統合し、香川県立高等技術学校となる[1]

旧香川県立高松高等技術学校(高松校舎)[編集]

  • 1949年(昭和24年)4月 - 香川県立高松公共職業補導所として設置。
  • 1958年(昭和33年)4月 - 高松公共職業訓練所に改称。
  • 1965年(昭和40年)7月 - 現在地へ移転。
  • 1967年(昭和42年)10月 - 香川県立高松高等技術学校に改称。
  • 1969年(昭和44年)7月 - 香川県技術開発センターを設置。
  • 1975年(昭和50年)4月 - 高卒者対象の訓練科を新設。
  • 1990年(平成2年)4月 - 高卒者訓練に2年制を導入。

旧香川県立丸亀高等技術学校(丸亀校舎)[編集]

  • 1945年(昭和20年)9月 - 丸亀市通町に建築工補導所として設置。
  • 1950年(昭和25年)4月 - 現在地へ移転し、丸亀公共職業補導所に改称。
  • 1958年(昭和33年)7月 - 香川県丸亀職業訓練所に改称。
  • 1967年(昭和42年)10月 - 香川県立丸亀高等技術学校に改称。
  • 1980年(昭和55年)4月 - 香川県成人訓練センターを設置。
  • 2002年(平成14年)4月 - 成人訓練センターを廃止し、本校に統合。

訓練科[編集]

高松校舎[編集]

  • カレッジコース(期間2年 高校卒業以上-40歳未満対象)
    • 電気システム科
    • 自動車工学科
    • 建築システム科
    • キャドシステム科
  • テクニカルコース(期間1年 15歳以上-40歳未満対象)
    • 塗装技術科
  • アビリティコース(期間6ヶ月 15歳以上再就職者対象)
    • 造園科
    • 住宅リフォーム科
    • デザイン科
    • 介護サービス科

丸亀校舎[編集]

  • テクニカルコース(期間1年 15歳以上-40歳未満対象)
    • 溶接技術科
  • アビリティコース(期間1年 15歳以上再就職者対象)
    • 電気工事科
    • 住宅建築科
  • アビリティコース(期間6ヶ月 15歳以上再就職者対象)
    • 機械加工科
    • 情報ビジネス科
    • ビル設備管理科

所在地[編集]

高松校舎[編集]

〒761-8031 香川県高松市郷東町字新開587番地1

交通アクセス
ことでんバス運転免許センター線「運転免許センター前」バス停:徒歩2分(※この路線のバスは全便が土曜・日曜・祝日及び毎年12/29~1/3運休)
JR予讃線香西駅:徒歩25分
JR高徳線昭和町駅:徒歩25分

丸亀校舎[編集]

〒763-8513 香川県丸亀市港町307番地

交通アクセス
JR予讃線丸亀駅:徒歩10分

参考文献[編集]

  1. ^ 香川県立高等技術学校の紹介”. 香川県労働政策課 職業能力開発グループ (2011年4月1日). 2012年10月15日閲覧。