香港民族党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
香港の旗 香港政党
香港民族党
Hong Kong National Party
召集人 陳浩天
発言者 周浩輝
成立年月日 2016年3月
立法会
0 / 70   (0%)
区議会
0 / 458   (0%)
党員・党友数
50
(2016年3月)
政治的思想・立場 反共主義
香港本土主義
香港民族主義
主張香港独立
公式サイト www.hknationalparty.com
テンプレートを表示
香港民族党
各種表記
繁体字 香港民族黨
英文 Hong Kong National Party
テンプレートを表示

香港民族党ホンコンみんぞくとう英語: Hong Kong National Party)は香港において、香港独立を主張する政党である。香港において初めて独立を主張した政党である。[1]成立したのは2016年3月28日。香港民族党の召集人は陳浩天、発言者は周浩輝である。香港民族党は香港中華人民共和国から独立し主権国家となることを目指している。

主張[編集]

香港民族党は1841年に香港がイギリスの植民地になった後、中国大陸とは違う歴史を歩み、香港は社会経済政治文化に独自性を持ち無意識の中で客観的に一つの民族とみなせる状態になった。1997年に香港返還が中華人民共和国になされたのち、香港は中華人民共和国から圧迫を受け、これは香港人にとっては外来者の侵入であった。その中で「香港民族主義」が生まれ、さらにこれを発展させるものとする。

党綱[編集]

香港民族党は「民族を自ら強くし、香港独立を成し遂げる」ことを目標として

  1. 独立を成し遂げ、自由主義の香港共和国を建国する。
  2. 香港人の利益を守り、最優先にする。
  3. 香港民族主義、香港民族意識を守り、香港人の定義を確立する。
  4. 議会以外の民主闘争に賛成する。
  5. 香港基本法を廃止し、香港憲法を香港人の手によって策定する。
  6. 香港独立派の勢力ならびに、経済文化教育、各方面の香港本土化運動の政治勢力団体を支持し、自主的勢力の基礎を高める。[2][3]

経過、事件[編集]

香港民族党の設立に対し、中国メディアは「血迷った」「無頼」「政治的白痴」と非難した。[4] 陳浩天は「独立国家になるか、それとも中国の一都市になるか。選択肢は2つしかない」、「われわれは中国人ではなく、香港人だ。法の支配を尊重し(公用語として)広東語を話す世界でも唯一の存在だ。こうした認識が広がれば自動的に香港は独立へと向かうだろう」[5]と語った。 また、2016年の議会選挙で、香港民族党の主張は香港基本法に反するとして、出馬が認められなかった。[6] その後、6月30日に「香港陥落20周年」追悼集会を行う。[7]台湾独立の父と言われる史明モンゴル自由連盟党と連携するため日本を訪れるなど、他の独立勢力との交流を行う。アメリカに香港関連法の廃止を求めるなどの活動を行っている。[8]

活動禁止[編集]

2018年7月17日、香港独立の主張は、香港基本法に反するとして香港保安局の李家超局長は17日香港民族党の活動を禁止するという、警察からの要請を検討していると発表。李局長は記者団に対し、「香港には結社の自由があるとはいえ、その権利は無制限というわけではない」と語った。[9]7月22日には、それは反対するデモが発生した。[10]香港外国特派員協会での香港民族党の講演に林鄭月娥行政長官と中国政府が圧力をかけたことも明らかになった。[11] 香港外国特派員協会のインタビューにおいて、召集人の陳浩天英語版は「独立こそが『民主主義を実現する唯一の道』」[12]、「どんな困難に遭遇しても私は立場を変えない」と強調している。[13]また、「香港という国は中国によってたちまち併合され破壊されようとしている」とも指摘している。そして講演会前の期間に見知らぬ集団に尾行され、家族の自宅のドアをたたれるなど「監視」が強まっていると訴えた[14][15][16][17]。9月24日、同党は香港政府から活動禁止命令を言い渡された。これに伴う形で香港治安当局は警察の要請を支持し「治安および住民の安全への脅威があれば団体活動を禁止できると規定した条例に基づき、香港民族党の活動を禁止する」と発表している。一方で香港保安局長は政府ホームページにて「香港民族党による今後一切の活動を禁止するよう命じる」と表明している[18]

脚注[編集]

関連項目[編集]