香西寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
香西寺
Kozaiji 03.JPG
本堂
所在地 香川県高松市香西西町211番地
位置 北緯34度20分50.7秒東経133度59分38.3秒座標: 北緯34度20分50.7秒 東経133度59分38.3秒
山号 寶幢山
宗派 真言宗大覚寺派
本尊 地蔵菩薩(延命地蔵)
創建年 (伝)天平11年(739年
開基 (伝)行基
中興年 鎌倉時代
中興 香西資村
札所等 四国別格二十霊場 第19番
四国三十三観音霊場 第33番
讃岐七福神(毘沙門天)
ぼけ封じ三十三観音 第11番
文化財 毘沙門天立像(国の重要文化財)
法人番号 5470005000150
香西寺の位置(高松市内)
香西寺
香西寺
高松駅
高松駅
高松市における位置
テンプレートを表示

香西寺(こうざいじ)は香川県高松市に所在する真言宗大覚寺派の寺院。山号は寶幢山(ほうどうざん)。本尊は延命地蔵と称する地蔵菩薩四国別格二十霊場第十九番札所、四国三十三観音霊場第三十三番札所、四国讃州七福之寺毘沙門天

御詠歌
  • 南無大悲 延命地蔵 大菩薩 みちびきたまへ この世のちの世(別格)
  • 暮れぬれば さめてねるらむ 酔芙蓉 仏のつねの 笑みにだかれて(四国観音)

歴史[編集]

寺伝によれば、奈良時代天平11年(739年)に行基が勝賀山の北麓に庵を結び、宝幢を刻んで宝幢山勝賀寺として創建したといわれている。この場所は奥の堂と呼ばれており、奈良時代〜平安時代の瓦片が出土することから寺院跡とみなされ、勝賀廃寺と呼称されている。平安時代前期の弘仁8年(817年空海(弘法大師)が現在地に寺院を移し、地蔵菩薩像を刻んで安置したと言われる。

嵯峨天皇の勅願寺となり、朱雀天皇のとき勅旨讃岐四談議所(他は、萩原寺無量寿院極楽寺[1])の一つとなったが、その後は衰微していたようである。 鎌倉時代になり、この地の豪族香西左近将監資村鎌倉幕府の命により寺院を再興し香西寺と名付けた。その後は香西氏の庇護を受けることとなった。

南北朝時代には室町幕府守護大名細川頼之が本津(現在の香西東町)に移転し、香西氏11代当主の香西元資が地福寺と改称した。

戦国時代天正年間(1573年 - 1592年)には戦火により伽藍が焼亡した。桃山時代に讃岐国の大名として配された生駒親正が復興し高福寺と名を改めた。

江戸時代前期の万治元年(1658年)失火により伽藍を焼失し、再び現在の地に移転した。寛文9年(1669年高松藩初代藩主松平頼重が伽藍を整備し別格本山香西寺と改称した。しかし、その後も失火に見舞われ再建がなされている。

<変遷のまとめ>739行基・勝賀寺(勝賀山の北麓)→817空海・勝賀寺(現在地)→kamakura香西左近・香西寺(現在地)→muromati細川頼之・地福寺(香西東町)→momoyama生駒親正・高福寺(香西東町)→1669松平頼重・別格本山香西寺(現在地)

境内[編集]

仁王門
  • 山門(仁王門)
  • 本堂:脇仏は愛染明王と毘沙門天。中に入って参拝できる。
  • 大師堂:本尊弘法大師、右脇陣に八幡菩薩、左脇陣に不動明王。中に入っていずれも拝顔できる。 
  • 毘沙門堂
  • 閻魔堂(納経所)
  • 水子地蔵 
  • 水かけ地蔵

高松市北西部の勝賀山北東麓に位置する。仁王門からほぼ一直線に参道を進むと本堂がある。本堂向かって右側に国の重要文化財に指定されている毘沙門天立像を安置する毘沙門堂がある。更にその右には大師堂兼護摩堂がある。納経所は仁王門をくぐって左の建物である。納経の際は、荷物を置いて両手で納経帳を渡し、お金は終了後手渡しすること。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)

前後の札所[編集]

四国別格二十霊場
18 海岸寺 -- (33.3Km) -- 19 香西寺 -- (41.1Km) -- 20 大瀧寺

脚注[編集]

  1. ^ 存続寺院は当時極楽寺の塔頭であった鴨部(かべ)の長福寺

参考文献[編集]

  • 香川県の歴史散歩編集委員会/編 『新版 香川県の歴史散歩』 山川出版社/刊 1996年 173ページ
  • 宮崎建樹 著 『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろみち保存協力会/刊 2010年(第9版)
  • 同 解説編 2007年(第7版)
  • 現地説明板