香音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
かのん
香音
本名 野々村 香音
生年月日 (2001-04-20) 2001年4月20日(19歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
国籍 日本
身長 157cm
血液型 A型
職業 ファッションモデル
ジャンル 雑誌、テレビドラマ
活動期間 2010年 -
著名な家族 野々村真(父)
野々村俊恵(母)
野々村侑隼(弟)
事務所 スターダストプロモーション
テンプレートを表示

香音(かのん、2001年4月20日 - )は、日本のファッションモデルタレントである。本名、野々村 香音(ののむら かのん)[1]

スターダストプロモーション制作3部所属[2]

人物[編集]

  • デビュー前から両親の友人である芸能人らから「野々村の娘は物凄く可愛い」と有名だった。
  • 2013年(平成25年)2月22日(金曜日)、同じく小学校5年生の際に、松田りおな桃果、永坂真心、津守望乃、播本藍と共に『第1回ニコ☆プチモデルオーディション』にてグランプリを受賞し、同年4月号より同誌専属モデルデビューを果たした。プチ㋲時代には『SISTER JENNI』のイメージモデルとしても活躍した。
  • 2013年(平成25年)6月22日(土曜日)、小学校6年生の際に、『ニコ☆プチ』(新潮社)同年8月号にて初のハワイロケ&初表紙を飾った。
  • 2013年(平成25年)12月21日(土曜日)、同じく小学校6年生の際に、『ニコ☆プチ』2014年(平成26年)2月号にて、ピン企画スタート。次号でピン表紙も飾った。
  • 2015年(平成27年)4月22日(水曜日)、『ニコ☆プチ』同年6月号をもってプチ㋲を卒業した。そして姉雑誌『nicola』(新潮社)への進級が発表された。『ニコ☆プチ』では、表紙を12号連続で飾り、歴代1位となった。
  • 2015年(平成27年)5月5日(火曜日)こどもの日、東京有明・TFTホールにて開催された『プチ☆コレ5』をもって、小出華苑、津守望乃、関りおん、川鍋朱里、岡本結芽乃、石橋宇輪、生見愛瑠、丸山蘭奈と共に『ニコ☆プチ』専属モデルを卒業した。
  • 2015年(平成27年)6月1日(月曜日)、中学校2年生の際に、『nicola』同年7月号より同誌専属モデルデビューを果たした。
  • 2016年(平成28年)3月1日(火曜日)、同じく中学校2年生の際に、『nicola』同年4月号にて初表紙を飾り、その8ヶ月後にはピン表紙を飾った。
  • 2017年(平成29年)4月1日(土曜日)、高校1年生の際に、『nicola』同年5月号にて同誌13代目部長に就任した。続く同年6月号では3代目ピンクラテイメージモデルを務める事となった。
  • 2018年(平成30年)3月28日(水曜日)、同じく高校1年生の際に、東京有明・TFTホールにて開催された『nicola東京開放日2018』をもって、清原果耶、小林恵月、中野あいみ青島妃菜と共に同誌専属モデルを卒業した。
  • 2018年(平成30年)3月31日(土曜日)、同じく高校1年生の際に、『nicola』同年5月号をもって、ニコ㋲を卒業した。
  • ニコラでは、女優でSeventeen専属モデルの清原果耶と仲が良くかやかのんとしても、人気を集めていた。
  • 2019年(平成31年)3月28日(木曜日)、高校2年生の際に、にPopteen#全力祭にてPopteen専属モデルとなったことが発表された。[6]
  • 2019年(平成31年)4月1日(月曜日)、高校3年生の際に、『Popteen』 (角川春樹事務所) 同年5月号より同誌専属モデルデビュー。
  • Popteenでは、仲の良いと公言している、同誌専属モデルの莉子、古田愛理と3人で名前の頭文字をとった「ありか」というユニットで人気を集めている。また、ニコ☆プチ時代から仲の良い同誌専属モデル、生見愛瑠と2人で「めるのん」、ニコラから仲の良い同誌専属モデル、鈴木美羽と2人で「みうのん」としても活動している。

出演[編集]

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

その他[編集]

映画[編集]

  • オズ めざせ! エメラルドの国へ(2015年、ファインフィルムズ) - キャンディーの速記者 役(声の出演・日本語吹替)[7]

CM[編集]

舞台[編集]

  • キセキの人(2010年)
  • 笑えて泣ける朗読劇 パートI(2010年)
  • レッドカードファミリー(2011年)
  • 笑えて泣ける朗読劇 パートII(2011年)
  • レッドカードファミリー リターンズ(2012年)

雑誌[編集]

スチール[編集]

  • モリリン「HEAD KIDS」2013 SPRING SUMMER(2013年2月 - )
  • 東京都水道局(2013年5月 - )
  • W早稲田ゼミ(2013年6月 - )
  • セシール「Kids' CECILE 2013年冬号」カタログ(2013年9月 - )
  • 千趣会「チャイルド 2013年秋冬号」カタログ(2013年9月 - 2014年2月)
  • 株式会社ジェニィ「JENNI Love」イメージモデル(2013年9月 - )
  • ニッセン「なかよし共和国 2014年春号」カタログ(2014年1月 - 6月)
  • 株式会社ワールド「PINK-latte」ノンラテとしてイメージモデル(2017年6月 - )

その他[編集]

  • モデルプレス Web - インタビュー掲載
  • 読売新聞 Web「yorimo」 - インタビュー掲載
  • 大城美友 ミュージックビデオ - 「ラムネ」2019年8月21日

作品[編集]

シングル[編集]

ダウンロード[編集]

  • ニコ☆プチスター(2013年10月6日)

書籍[編集]

  • 花粉キラー「元気ボール体操」で脳内リセット[8](2013年、SDP)ISBN 978-4-906953-03-5

雑誌[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d “野々村真の「かわいすぎる娘」香音が歌手デビュー”. スポーツ報知 (報知新聞社). オリジナルの2013年2月13日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130213130735/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130207-OHT1T00223.htm 2013年2月8日閲覧。 
  2. ^ STARDUST - スターダストプロモーション制作3部 - 香音のプロフィール”. スターダスト. 2019年10月9日閲覧。
  3. ^ “野々村真の娘・香音、花粉撃退ソングで歌手デビュー”. ナタリー (ナターシャ). (2013年2月8日). http://natalie.mu/music/news/84512 2013年2月8日閲覧。 
  4. ^ 花粉キラー”. facebook (2013年2月9日). 2014年7月5日閲覧。
  5. ^ 野々村真の長女・香音、大河初出演 優香の少女時代演じる”. オリコン (2014年8月11日). 2014年8月12日閲覧。
  6. ^ 野々村真の長女・香音(のんのん)、「Popteen」新専属モデル抜てき modelpress2019年3月28日
  7. ^ キャスト&スタッフ”. 映画「オズ めざせ! エメラルドの国へ」公式サイト. 2014年11月24日閲覧。
  8. ^ “脳内リセット”で花粉症が改善!?メソッド本「花粉キラー」に野々村真の愛娘も登場”. クランクイン!. ハリウッドチャンネル (2013年1月31日). 2013年2月11日閲覧。 “その内容もさることながら、書籍内や添付DVDに出演している野々村真の愛娘・香音(かのん)ちゃんの可愛さも光っている。”