馬喰町 (名古屋市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 愛知県 > 名古屋市 > 西区 > 馬喰町
馬喰町
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
西区
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
ナンバープレート 名古屋

馬喰町(ばくろちょう)は、愛知県名古屋市西区地名。現在の新道一丁目・浅間二丁目・押切一丁目の各一部に相当する。

地理[編集]

東は新道町、西は菊井町、南は新道町、北は押切町に接していた[1]

歴史[編集]

町名の由来[編集]

押切村の馬喰町と美濃路を挟んで南に位置したことに由来する[2]。馬喰町自体の由来は、馬喰[3](伯楽)の居住地であったことによるという[4]。前身のひとつである炮烙町については、由来は不明であるが、西飴屋町の別名があったという[5]

沿革[編集]

  • 江戸時代 - 名古屋村の一部として、大代官所支配炮烙町として所在[5]
  • 明治初年 - 愛知郡名古屋村の一部により、愛知郡南馬喰町が成立[2]
  • 1878年(明治11年)12月28日 - 名古屋村南馬喰町・炮烙町より名古屋区馬喰町として成立[6]
  • 1889年(明治22年)10月1日 - 名古屋市成立に伴い、同市馬喰町となる[6]
  • 1901年(明治34年)4月17日 - 下名古屋の一部を編入[6]
  • 1908年(明治41年)4月1日 - 西区成立に伴い、同区馬喰町となる[6]
  • 1932年(昭和7年) - 一部が菊井通に編入される[1]
  • 1934年(昭和9年)7月15日 - 菊井通の一部を編入[6]
  • 1981年(昭和56年)8月23日 - 住居表示の実施に伴い、大部分が西区新道一丁目・浅間二丁目、一部が押切一丁目に編入され、消滅[7]

参考文献[編集]

  • 有限会社平凡社地方資料センター『日本歴史地名体系第23巻 愛知県の地名』平凡社、1981年。ISBN 4-582-49023-9。
  • 角川日本地名大辞典 23 愛知県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1989年。ISBN 4-04-001230-5。
  • 『なごやの町名』名古屋市計画局、名古屋市計画局、1992年。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 1063.
  2. ^ a b 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 1291.
  3. ^ 馬の売買を生業とするもの(「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p.1063)
  4. ^ 有限会社平凡社地方資料センター 1981, p. 121.
  5. ^ a b 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 1205.
  6. ^ a b c d e 名古屋市計画局 1992, p. 756.
  7. ^ 名古屋市計画局 1992, pp. 755-756.

関連項目[編集]