馬場悠男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

馬場 悠男(ばば ひさお、1945年[1] - )は、日本の人類学者。国立科学博物館名誉研究員。

東京大学理学部生物学科卒業。獨協医科大学助教授を経て国立科学博物館主任研究官、人類研究部長、東京大学大学院理学研究科生物科学専攻教授を歴任した[1]。人類形態進化学を専門とし、ジャワ原人の発掘調査に長年取り組んだ。また、国立科学博物館では新館の人類進化コーナーの監修[2]や特別展に多く関与した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 第1回 馬場悠男(人類学):骨から探る人類史~思いやりの心を未来の子孫に向ける(提言編)”. Webナショジオ. 2019年2月20日閲覧。
  2. ^ 対談「人類学と子ども 脳の巨大化とともに長期化した子ども期」”. チャイルド・リサーチ・ネット(CRN). 2019年2月20日閲覧。