馬橇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

馬橇(ばそり)とは馬などの後にソリをつけ、人や荷物を運搬する交通の手段である。

概要[編集]

日本では開拓時代の北海道で普及し、昭和20年代までは冬の北海道の主要な交通手段で、荷用、乗用に用いられたほか、特に林業においては通年用いられた。北海道を代表する風物だった。

近年は「橇」の字が難字であるため、「馬そり」などの表記が多い。明治期の北海道で広まった頃は、「橇」「(車偏に)毳」、「雪車」、「雪舟」、「雪船」、「雪艇」、「橇の右の上が「免」になったもの」などの表記も使用されていた。

なお、日本の道路交通法では道路上のものは軽車両の扱いである。

歴史[編集]

北海道の馬橇[編集]

1874年(明治7年)に、開拓使樺太[1]から「雪馬車」(馬橇のこと)と「曳馬鉄沓」(蹄鉄のこと)を購入[2]したのが北海道で最初の馬橇とされている[3]。当時の官吏が操作方法を学んだり、複製品を製作しようとしたが、部材の加工技術がないためうまくいかず、普及はしなかった。1876年(明治9年)にも札幌農学校の官園で導入を試みているが、普及していない。

1878年(明治11年)に、開拓使長官の黒田清隆ロシアウラジオストックコルサコフを視察し、現地で見た馬橇がたいへん便利であることを知った。黒田は馬橇1台、乗用馬車2両と馬4頭を購入したほか、ロシア人の馬製作職人3名と契約をかわして北海道へ招聘した[4]。北海道に戻ると、ロシア人の指導で開拓使工業局で馬橇や馬車の製作が行われ、開拓使が廃止になるまでの4年間で乗馬車7両、荷馬車282両、乗用馬橇19台、荷用馬橇420台を製造した[5]。この大半は民間に払い下げられたが、一部は陸軍にわたり、札幌手宮を結ぶ馬橇・馬車の定期便事業に充てられた。

札幌で改良された馬橇は北海道全域に普及し、1940年代(昭和15年頃)には北海道内だけで12万台あまりの馬橇が運用されていた。特別な技術を要する車橇業(馬車・馬橇製造業)は重要な職工のひとつで、各地の共進会に出品されることもあった[6]

昭和10年代後半から20年代にかけては馬橇や馬が軍用に徴発されて数が減ったが、終戦後に再び利用が始まり、昭和30年代から自動車にとってかわられた。しかし道路舗装や整備が未発達な地域、冬期の除雪が行き届かない地域では引き続き使われ、昭和40年代に実用のものは概ね姿を消した。現在では「シャンシャン馬そり」と称して各地で冬の観光資源の一つとなっているほか、ばんえい競走では通常の競馬とは大きく異なる独特の競馬に用いられている。

種類[編集]

  • ロシア型 - 初期に製造された馬橇は「ロシア型」と呼ばれ、独特の形状をしていた。特徴的なのはソリ部分の太い木材の先端部が大きく上方に湾曲している点にある。当時、細い木材を加工する曲物技術は日本にもあったが、太い角材を曲げる加工技術は日本にはないものだった。
  • 柴巻馬橇(札幌型、石狩型とも) - 明治20年代(1880年代末頃)になると、馬橇の製造技術を習得した職人が独立し、北海道の各地で馬車や馬橇の製造業を営むようになった。彼らが製造した馬橇はロシア型から改良が加えられ、「柴巻馬橇」(柴木(=細い丸太状の木材)を加工して巻き、橇を補強していたことから)や「札幌型」(函館や釧路で主に製造されたものと区別して)などと呼ばれていた。柴巻馬橇は開拓地の拡大にともなって全道に普及し、北海道の多くの場所では単に「馬橇」と言った場合は柴巻馬橇を示している[7]。この柴巻馬橇は北海道的な風物とされる。
  • 函館型(カナ橇とも) - 函館では、札幌の開拓が進む以前から在来型の橇が使用されていた。のちに馬橇の製造もはじまるが、柴巻馬橇(札幌型)とは構造や製作技術が異なり、外観にも相違が多い。金具を多く用いるため「カナ橇」とも呼ばれる。商人を通じて道東にもひろまり、釧路型へ改良された。
  • 青森型 - 北海道で普及した馬橇を真似て製造された。しかし、角材を曲げる技術が北海道から伝わらなかったので、最初から根本が曲がっている木材を使用してつくられた。
  • 釧路橇 - かつては函館で製造した函館型の馬橇を釧路へ運んで使用していた。明治30年代の終わり頃(1900年代後半)から、釧路でも馬橇の製造が行われるようになり、木部の曲げ加工部や前板部が固有の形状となった。釧路では昭和30年代まで車橇製造業者があったが、昭和40年代には自動車にとってかわられ、製造業者は自動車修理業に転業したものが多かった[8]
  • バチ橇 - もっぱら材木の運搬のため、大正時代に登場した。スキーを左右に二台並べたような形状をしている。バチ橇を前後に2台並べ、その間隔を自由に調整することで材木の長さや量、地形にあわせて使用した。
  • ベタ橇 - 昭和10年代に登場した幅が広い木材運搬用の橇。軟弱な雪道でも良好に使用できた。

関連項目[編集]

注釈・出典[編集]

参考文献・出典[編集]

  • 『札幌競馬沿革史』,札幌競馬倶楽部,1911
  • 『札幌事始(さっぽろ文庫7)』,札幌市教育委員会文化資料室・編,札幌市・刊,1979
  • 『馬産王国・釧路(釧路草書19)』,寺島敏治・著,釧路市・刊,1991
  • 『北の蹄音 ホッカイドウ競馬四十年史』,北海道新聞社,1989
  • 『開墾の記』,坂本直行・著,北海道新聞社・刊,1942,1992復刻
  • 『ホッカイドウの競馬』,北海タイムス社,1975

注釈[編集]

  1. ^ 当時の樺太は日本とロシアが領土を競合領有していた時代で、日本側では樺太開拓使を統合した開拓使が樺太を管轄していた。
  2. ^ 購入価格は250ルーブル(当時の価値で約150円)で、高価な買い物だった。
  3. ^ 『札幌事始(さっぽろ文庫7)』p244
  4. ^ 『札幌事始(さっぽろ文庫7)』p244
  5. ^ 開拓使の廃止後もしばらく工部省農商務省の出先機関で製造は続けられた。
  6. ^ 『第七回日高國産馬共進會・第八回日高物産共進會報告書』p85、p90,日高実業協会,1914
  7. ^ 『札幌事始(さっぽろ文庫7)』p244
  8. ^ 『馬産王国・釧路(釧路草書19)』p124-126