馬淵建設

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
馬淵建設株式会社
Mabuchi Construction.,Ltd.
種類 株式会社
略称 Mzec
本社所在地 日本
神奈川県横浜市南区花之木町2丁目26番地
設立 1949年(昭和24年)2月12日
業種 建設業
法人番号 2020001013765
代表者 代表取締役社長 馬淵圭雄
資本金 12億5804万円
売上高 263億5400万円(2019年05月31日時点)[1]
営業利益 10億8700万円(2019年05月31日時点)[1]
経常利益 9億7200万円(2019年05月31日時点)[1]
純利益 7億7400万円(2019年05月31日時点)[1]
総資産 262億9800万円(2019年05月31日時点)[1]
従業員数 310名  (2018年 5月末日 現在)
外部リンク https://www.mzec.co.jp/
テンプレートを表示

馬淵建設株式会社(まぶちけんせつ)は、神奈川県横浜市南区に本社を置く日本の総合建設会社(ゼネコン)である。本社のある神奈川県横浜市を中心に、主に南関東での事業を展開している。

概要[2][編集]

1909年創業の馬淵組を前身とする神奈川県ゼネコンである。「神奈川建設4社」(神奈川を代表する建設会社を指す「神奈川建設10社」が業績不振などにより4社に減少)の中の一角であり、ビルマンション建設を得意としている。神奈川県を中心に南関東での受注がほとんどである。横浜に本社、横須賀に本店、東京静岡(沼津)に支店、千葉川崎東北(仙台)に営業所がある。

創業地は横須賀であり、戦前は大日本帝国海軍基地や通信所などを施工し、軍とは密接な関係があった。戦後もそのノウハウを活かし、横須賀・アメリカ海軍基地や防衛省の建設・土木事業を多く受注している。また、この頃に建設事業部営繕課が建築事業部より分離独立。のちの梱包輸送業の(株)マブチとなる。

バブル崩壊後は建設、運送事業を縮小したが、バブル崩壊により全国の中堅ゼネコンやサブコン各社が相次いで倒産民事再生法を申請する中、独力でこれを乗り切った。

近年では建築・土木以外に不動産やリフォーム、電力事業など幅広く事業を展開する。

また、マブチ(梱包運送業)の他にも馬淵物流・エムゼックリフォーム等の関連会社がある。

沿革[3][編集]

  • 1909年 8月 神奈川県横須賀市に馬淵組創業。
  • 1922年 12月 合資会社馬淵組設立。
  • 1929年 5月 馬淵聾唖学校設立・開校。
  • 1937年 5月 東洋一の水上飛行艇格納庫建設。(横浜市 金沢区
  • 1949年1月 東京支店、横浜支店を開設。
  • 1949年
    • 2月 馬淵建設株式会社設立。
    • 10月 建設業法による業者登録 建設大臣(イ)第343号。
  • 1950年 9月 馬淵運輸㈱設立。
  • 1951年 10月 日本初のジョイントベンチャー方式による工事を受注。
  • 1955年 6月 馬淵運輸と東和興業の合併により、東和運輸倉庫㈱発足。
  • 1956年 1月 日本初のカーブ橋を手掛ける。(白糸橋)
  • 1972年 1月 本社を横浜市に移転。旧本社を横須賀本店と名称変更。
  • 1977年 12月 関東鉄工㈱と合併。
  • 1992年 12月 東和運輸倉庫㈱と合併。
  • 1996年 6月 株式会社ファミリーと合併。資本金1,258,049,833円に増資。
  • 2000年 7月 通称名として「Mzec(エムゼック)」を採用。
  • 2008年 7月 100周年記念事業として、ミクロネシア連邦ザビエル高校の改修工事を実施。
  • 2011年 4月 千葉営業所を設置。
  • 2012年 2月 川崎営業所を設置。
  • 2012年 6月 東北営業所を設置。
  • 2014年 10月 横浜市との共同事業方式により太陽光発電事業開始。


施工実績[編集]

建築[4][編集]

マンション ・セレストタワー高崎

      ・パークハウス港南台6丁目

      ・ロワール湘南藤沢

      ・ザ・パークハウス 茅ヶ崎東海岸南

教育機関  ・神奈川県立小田原高等学校

      ・鎌倉女学院

      ・開成町立開成南小学校

福祉施設  ・特別養護老人ホーム横浜ナーシングビレッジ

      ・特別養護老人ホームゆるり

店舗、ビル ・横浜ベイサイドマリーナクラブハウス

      ・プレミアヨコハマ

その他   ・横須賀市健康安全科学センター

      ・防衛大学校学生舎D棟

      ・鶴川記念病院

土木[5][編集]

・中央自動車道底沢橋耐震工事

・引地川改修工事

・京浜急行堀之内駅工事

・横浜市営地下鉄駒林工区

・京浜急行南太田法面工事

・調布街路工事

・新吉田町堤防工事

・防大進入路整備工事

・中部水再生センター整備工事

・豊洲床版設置工事

関連会社[編集]

建設事業[編集]

 ・エムゼックリフォーム株式会社[6][編集]

  英語表記 mzecreform Inc.

  本社所在地 〒232-8558 神奈川県横浜市南区花之木町2丁目26番地

  代表者 山崎 由紀男

  営業品目 建築工事一式・ビル管理・保険代理店

  資本金 5000万円

  経営理念「創る100年から活かす100年へ」[7]

 

運送事業[編集]

 ・株式会社マブチ[8][編集]

 昭和29年に馬淵建設から分離独立。

 馬淵建設、エムゼックリフォーム、馬淵物流とは無関係なマブチグループを形成する。

 その事業、グループ企業は海外にまで及ぶ。


 本社所在地 〒231-0021  横浜市中区日本大通17番地 JPR横浜日本大通ビル3階

  代表取締役社長 坂本 幹夫

  営業品目 ・一貫国際物流、各種輸出梱包の請負

       ・通関業(業指令第0810号)

       ・保税蔵置場 横浜工場(許可番号:指令第24号)、名古屋工場(許可番号:指令第4号)

       ・多摩工場(許可番号:指令第136号)、神戸PIセンター(許可番号:指令125号)

       ・合成樹脂バンド・テープ・ロープ・ダンボールその他包装資材の製造・販売並びに輸出入

       ・トヨタホームの製造�

       ・労働者派遣事業 (派14-301738)

       ・外航運送に係わる第二種貨物利用運送業(横浜工場、名古屋工場、神戸PIセンター)

  資本金 130,000,000円

  売上高 202億円 (グループ連結売上高 2018年9月期)

  従業員数 1,480名(グループ全体就労人数) 465名(㈱マブチ単体従業員数)

 ・馬淵物流株式会社[9][編集]

  本社所在地 〒237-0062 神奈川県横須賀市浦郷町5丁目2931-27

  代表取締役 家藤 守雄

  営業品目 一般貨物自動車運送業、貨物利用運送事業、倉庫業、労働者派遣事業

  資本金 9,800万円

  従業員数 74名 平成28年8月現在

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 馬淵建設株式会社 第71期決算公告
  2. ^ 馬淵建設株式会社 は、建築・土木事業の他、ビル・マンションの改築・修繕や土地活用をご提案する総合企業です。”. www.mzec.co.jp. 2019年3月27日閲覧。
  3. ^ 沿革 - 馬淵建設株式会社 は、建築・土木事業の他、ビル・マンションの改築・修繕や土地活用をご提案する総合企業です。”. www.mzec.co.jp. 2019年3月27日閲覧。
  4. ^ 施工実績 - 馬淵建設株式会社 は、建築・土木事業の他、ビル・マンションの改築・修繕や土地活用をご提案する総合企業です。”. www.mzec.co.jp. 2019年3月27日閲覧。
  5. ^ 施工実績 - 馬淵建設株式会社 は、建築・土木事業の他、ビル・マンションの改築・修繕や土地活用をご提案する総合企業です。”. www.mzec.co.jp. 2019年3月27日閲覧。
  6. ^ エムゼックリフォーム株式会社 | 神奈川のマンションリフォーム 創る100年から活かす100年へ”. mzecreform.co.jp. 2019年3月27日閲覧。
  7. ^ エムゼックリフォーム株式会社 | 神奈川のマンションリフォーム 創る100年から活かす100年へ”. mzecreform.co.jp. 2019年3月27日閲覧。
  8. ^ 株式会社マブチ - 輸出梱包、大物貨物梱包や自動車輸出KD梱包”. www.k-mabuchi.co.jp. 2019年3月27日閲覧。
  9. ^ 馬渕物流株式会社ウェブサイト” (日本語). 馬渕物流株式会社ウェブサイト. 2019年3月27日閲覧。