馮劫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

馮 劫(ふう こう、生年不詳 - 紀元前208年)は、政治家軍人。秦の始皇帝に仕えたが、始皇帝の子である二世皇帝胡亥を諫めた時に、獄に下され、自決した[1][2]

生涯[編集]

韓の上党郡郡守からの華陽君となった馮亭の後裔であり、秦が六国を滅ぼした時には一族の馮毋択馮去疾とともに秦に仕えていた[3]

始皇26年(紀元前221年)、秦は斉を滅ぼし、中国を初めて統一した。そこで秦王であった嬴政(趙政、後の始皇帝)は丞相と御史に命令を下した。「寡人(私)はわずかな身をもって、軍を起こして暴乱(六国)を誅した。私の宗廟の霊の力により、六国の王は全て罪に伏し、天下を完全に平定した。今、我が名号である秦王を変えなければ、成功したことを称して、後世に伝えることができないだろう。帝の号について議論するように」。

御史の長官であった御史大夫に就任していた馮劫は丞相王綰廷尉李斯とともに上奏した。「古来の五帝の治めた土地は千里四方しか制しておらず、その外の諸侯はあるものは朝廷に参内し、あるものは参内しませんでしたが、天子は制御することができませんでした。陛下は義兵を起こして、賊を誅して、天下を平定し、海内を(直接、天子が統治する)郡県とした上で、法令を一つに統一したのでは上古以来未曾有の偉業であり、五帝も及ぶところではありません。私たちはつつしんで博士たちとともに議論しました。『いにしえには、天皇地皇泰皇といて、泰皇が最も貴い』と。そこで、私たちは死を恐れずに、『泰皇』という尊号を上奏します。また、今までお使いになっていた『命』は『制』とし、『令』は『詔』とし、天子は『朕』と自称されますように」。

嬴政は、「『泰』の字を取り去って、『皇』をつけ、上古の『帝』の位号を取り、号を『皇帝』とするように。それ以外は、上奏のあった議定のようにせよ」と言って、泰皇を「皇帝」と改めた以外は、全てその意見を取り入れて、制定を許可した。

始皇37年(紀元前210年)7月、始皇帝が巡幸中に死去し、始皇帝の末子である胡亥が二世皇帝として即位した。

二世元年(紀元前209年)7月、秦への大規模な反乱である陳勝・呉広の乱が起こる。

二世二年(紀元前208年)11月、秦の将である章邯は陳において陳勝を破る。

同年12月、敗走した陳勝は部下に裏切られ、城父にて殺された。しかし、秦に対する反乱軍は増大していく一方であった。

同年に、秦の将軍となっていた馮劫は、左丞相の李斯・右丞相の馮去疾とともに、胡亥を諫めた。「関東の群盗はあちこちで決起し、秦軍を動員して討伐して大勢を討ち取りましたが、群盗は多く、決起は止むことはありません。これは、辺境の守備といった兵役、(税や兵糧の輸送による)水運・陸運や労役で苦しみ、賦税が大きいからです。しばらく、阿房宮の工事を中止して、四方の兵役や輸送の労役を減らしてください」。胡亥は、「朕が即位して2年の間、群盗は決起し、君たちはこれを治めることができなかった。また、先帝の行おうとしていた事業(阿房宮の工事など)を止めさせようと望んでいる。先帝の報いることもできず、さらに朕にも忠義と力を尽くしていない。どうして、その地位にいることができるのか?」と言って聞き入れず、李斯・馮去疾とともに、馮劫を獄に下して、余罪を調べさせた。馮劫は馮去疾とともに「将相(将は将軍である馮劫、相は丞相である馮去疾のこと)は辱められることはない」と言って自害した。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 以下、特に注釈がない部分は、『史記』秦始皇本紀・六国年表第三による。
  2. ^ 年号は『史記』六国年表第三による。西暦でも表しているが、この時の暦は10月を年の初めにしているため、注意を要する。まだ、秦代では正月を端月とする。
  3. ^ 漢書馮奉世