馮去疾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

馮 去疾(ふう きょしつ、生年不詳 - 紀元前208年)は、政治家。秦の二世皇帝である胡亥を諫めたが、獄に下され、自決した[1][2]

生涯[編集]

韓の上党郡郡守からの華陽君となった馮亭の後裔であり、秦が六国を滅ぼした時には一族の馮毋択馮劫とともに秦に仕えていた[3]

始皇37年(紀元前210年)10月、始皇帝の最後となる5回目の巡幸に出たとき、馮去疾は右丞相として咸陽の留守をまもった。

ただし、『趙正書』では、馮去疾は御史大夫とされ、始皇帝の5回目の巡遊に同行し、胡亥を後継者に立てるよう李斯とともに進言している[4]

紀元前209年(二世元年)春、秦の二世皇帝(胡亥)が東方に巡行し、馮去疾は李斯とともに同行した。一行は、始皇帝が立て(始皇帝自身の功徳を顕彰し、その内容を)刻んだ始皇七刻石全てにさらに文字を刻んで追記して、その傍らに大臣と従者の名も刻み、始皇帝の成功と盛んな徳を顕わした。

この時、馮去疾は李斯とならぶ丞相として名を刻まれ、御史大夫の徳の名も刻まれた[5]

胡亥は、「金石を刻んだ文は始皇帝がおつくりになったものである。今、私が皇帝号を継いだ以上、金石を刻んだ告辞は始皇帝と称しておかねば、久遠の後には、後を継いだものがつくったもののように考えられてしまうだろう。それでは、始皇帝の事業の成功と盛んな徳を称したことにはならないだろう」と言った。馮去疾は、李斯・徳とともに、胡亥に対して建言した。「詳細にそのことを説明した詔の文を刻石に刻み、(この金石を刻んだ告辞は始皇帝であることを)明白なされますように。我らは死を恐れずにお願い申し上げます」。胡亥は許可した。一行は、遼東まで巡行して、洛陽に戻っていった。

またこの年に作られた度量衡の基準となる権量銘には、「丞相斯去疾」とあり、丞相として李斯と去疾が列していたことが考古的にも裏づけられる。[要出典]

二世元年(紀元前209年)7月、秦への大規模な反乱である陳勝・呉広の乱が起こる。

二世二年(紀元前208年)11月、秦の将である章邯は陳において陳勝を破る。

同年12月、敗走した陳勝は部下に裏切られ、城父にて殺された。しかし、秦に対する反乱軍は増大していく一方であった。

同年中に、右丞相であった馮去疾は、左丞相の李斯・将軍の馮劫とともに、胡亥を諫めた。「関東の群盗はあちこちで決起し、秦軍を動員して討伐して大勢を討ち取りましたが、群盗は多く、決起は止むことはありません。これは、辺境の守備といった兵役、(税や兵糧の輸送による)水運・陸運や労役で苦しみ、賦税が大きいからです。しばらく、阿房宮の工事を中止して、四方の兵役や輸送の労役を減らしてください」。胡亥は、「朕が即位して2年の間、群盗は決起し、君たちはこれを治めることができなかった。また、先帝の行おうとしていた事業(阿房宮の工事など)を止めさせようと望んでいる。先帝の報いることもできず、さらに朕にも忠義と力を尽くしていない。どうして、その地位にいることができるのか?」と言って聞き入れず、李斯・馮劫とともに、馮去疾を獄に下して、余罪を調べさせた。馮去疾は馮劫とともに「将相(将は将軍である馮劫、相は丞相である馮去疾のこと)は辱められることはない」と言って自害した。

参考文献[編集]

参考論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 以下、特に注釈がない部分は、『史記』秦始皇本紀・六国年表第三による。
  2. ^ 年号は『史記』六国年表第三による。西暦でも表しているが、この時の暦は10月を年の初めにしているため、注意を要する。まだ、秦代では正月を端月とする。
  3. ^ 漢書馮奉世
  4. ^ 工藤卓司『北京大学蔵西漢竹書『趙正書』における「秦」叙述』192頁
  5. ^ 鶴間和幸『人間・始皇帝』205頁