駄知駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

駄知駅(だちえき)は、かつて岐阜県土岐市駄知町に存在した東濃鉄道(2代)駄知線廃駅)である。

当駅は駄知町の中心駅であり、旅客の他、陶磁器製品を扱う貨物駅でもあった。駄知町の住民の間では、当駅を西駅東駄知駅東駅と呼んでおり、現在も地名の通称として使用されている。

歴史[編集]

  • 1923年大正12年)1月22日 - 山神駅 - 当駅間開業に際し、駄知鉄道の駅として開業。
  • 1924年(大正13年)9月28日 - 当駅 - 東駄知駅間開業により中間駅となる。
  • 1944年昭和19年)3月1日 - 合併により東濃鉄道駄知線の駅となる。
  • 1972年(昭和47年)
    • 5月 - 当駅 - 東駄知駅間の廃止を申請。
    • 7月13日 - 水害による橋梁流失に伴い全線で営業休止。
  • 1974年(昭和49年)10月21日 - 駄知線が正式に廃線となったことにより廃駅。

駅構造[編集]

  • スイッチバック構造の駅であり、旅客用としては1面2線の島式ホームを有していた。陶磁器製品を運搬するための貨物駅でもあったため、留置線、貨物側線、貨物ホームも有していた。
  • 駄知線の中心的な駅として、車両基地、運転基地、工場があり、広い構内を有していた。
駄知駅 構内配線略図(開業当時)

土岐津方面
駄知駅 構内配線略図(開業当時)
東駄知駅
凡例
出典:[1]
開業当時の構造。晩年は車庫線が増設された。


その他[編集]

  • 1932年(昭和7年)、当駅 - 東駄知駅間に小川町駅が開設されたが、1942年(昭和17年)頃に休止、1944 - 45年頃に廃止された。

現在の状況[編集]

  • 駅跡地は東鉄バス土岐営業所となり、バスターミナル、車庫となっている。
  • 当時の電車の車庫がバス用の車庫に転用されており、車庫内には当時の線路が残っているという。
  • 開業当時に建立された駄知鉄道開業記念碑が現存する。

隣の駅[編集]

東濃鉄道(2代)
駄知線
山神駅 - 駄知駅 - 東駄知駅

脚注[編集]

  1. ^ 清水武、『東濃鉄道』、pp.8,18、ネコ・パブリッシング、2005年8月、ISBN 978-4777051083

関連項目[編集]

座標: 北緯35度19分27.9秒 東経137度13分34.2秒