駆込み女と駆出し男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
駆込み女と駆出し男
監督 原田眞人
脚本 原田眞人
原案 井上ひさし『東慶寺花だより』
製作 榎望
升本由喜子
住田節子
製作総指揮 大角正
出演者 大泉洋
戸田恵梨香
満島ひかり
内山理名
陽月華
キムラ緑子
木場勝己
神野三鈴
武田真治
北村有起哉
橋本じゅん
山崎一
麿赤兒
中村嘉葎雄
樹木希林
堤真一
山崎努
音楽 富貴晴美
撮影 柴主高秀
編集 原田遊人
製作会社 「駆け込み女と駆け出し男」製作委員会
配給 松竹
公開 日本の旗 2015年5月16日
上映時間 143分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 9.46億円[1]
テンプレートを表示

駆込み女と駆出し男』(かけこみおんなとかけだしおとこ)は2015年5月16日に公開された日本映画。主演は大泉洋[2]

井上ひさしの小説『東慶寺花だより』を原案とした作品。江戸時代、幕府公認の縁切寺とされた神奈川県鎌倉市東慶寺を舞台にしている。

あらすじ[編集]

豪商のめかけ・お吟が突然、旦那・堀切屋のもとを離れ、縁切寺の東慶寺をめざす。家業を顧ない非道の夫との離縁を求め、自ら東慶寺をめざしていたじょごは、駕籠かきに襲われ、怪我をしているお吟を助けて、東慶寺をめざす。東慶寺の門が見えた時、お吟の追手と思われる男をじょごはぶちのめした。しかし、その男は、東慶寺の御用宿の主人・柏屋源兵衛の甥の信次郎だった。信次郎は、江戸の倹約令に嫌気がさし、そこを逃れてきたのだった。無事、東慶寺に駆け込んだ、お吟とじょごは、寺に駆け込んだ女たちの人生と向かい合う。しかし、そこにも政治の手が伸びようとしていた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

作品の評価[編集]

封切り[編集]

全国311スクリーンで公開され、2015年5月16日、17日の初日2日間で興収1億5,758万5,500円、動員12万8,235人になり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第3位となった[4]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報』2016年3月下旬 映画業界決算特別号、70頁。
  2. ^ 大泉洋・主演『駆込み女と駆出し男』に樹木希林、堤真一ら豪華キャスト出演!” (日本語). cinemacafe.net. 2021年3月15日閲覧。
  3. ^ TEAM NACS 音尾琢真、存在感急上昇! 日曜劇場や白石和彌・原田眞人作品に求められる理由” (日本語). Real Sound|リアルサウンド 映画部. 2021年3月5日閲覧。
  4. ^ “『シンデレラ』40億円突破でV4!大泉洋『駆込み女と駆出し男』は3位!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2015年5月19日). http://www.cinematoday.jp/page/N0073326 2015年5月20日閲覧。 
  5. ^ 第7回TAMA映画賞|第25回映画祭TAMA CINEMA FORUM”. TAMA CINEMA FORUM (2015年). 2015年11月21日閲覧。
  6. ^ 日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞決定”. 日刊スポーツ (2015年12月8日). 2015年12月8日閲覧。
  7. ^ 第39回日本アカデミー賞優秀賞決定!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2016年1月18日閲覧。
  8. ^ 毎日映画コンクール 大賞に橋口監督の「恋人たち」”. 毎日新聞 (2016年1月21日). 2016年1月21日閲覧。
  9. ^ 【ブルーリボン賞】主演男優賞・大泉洋、涙「うぁーっ」”. スポーツ報知 (2016年1月27日). 2016年1月27日閲覧。
  10. ^ 日本映画批評家大賞 2016公式サイト”. 日本映画批評家大賞. 2016年5月26日閲覧。