駐日イラク大使館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
駐日イラク大使館
سفارة جمهورية العراق في طوكيو
所在地 日本の旗 日本
住所 東京都渋谷区神山町14-6 ラビアンパレス松濤
座標 北緯35度39分46.9秒 東経139度41分34.1秒 / 北緯35.663028度 東経139.692806度 / 35.663028; 139.692806座標: 北緯35度39分46.9秒 東経139度41分34.1秒 / 北緯35.663028度 東経139.692806度 / 35.663028; 139.692806
開設 1955年(公使館)
1960年(大使館)
大使 ハリール・イスマーイール・アブドゥルサーヒブ・アル・ムーサウィー
ウェブサイト www.mofa.gov.iq/tokyo/

駐日イラク大使館(ちゅうにちイラクたいしかん、アラビア語: سفارة جمهورية العراق في طوكيو‎、英語: Embassy of Iraq in Tokyo)は、イラク日本首都東京に設置している大使館である。

歴史[編集]

1955年8月18日イラク王国サンフランシスコ講和条約を批准、これにより第二次世界大戦で途絶えていた日本とイラクの国交が回復した。同年12月、在日イラク公使館が東京で開設され、1960年に大使館に昇格した[1]

かつては、東京都港区赤坂の、駐日カナダ大使館の傍に大使館があったが、後に現在の位置に移設した。

大使[編集]

2018年4月11日より、ハリール・イスマーイール・アブドゥルサーヒブ・アル・ムーサウィーが特命全権大使を勤めている[2]

脚注[編集]

  1. ^ イラク基礎データ | 外務省
  2. ^ 駐日イラク大使の信任状捧呈”. Ministry of Foreign Affairs of Japan. 2020年11月14日閲覧。

関連項目[編集]